サイト内
ウェブ

心和むやさしい味わい! 秋の味覚・柿を使った白和え3選

  • 2018年10月12日
  • レタスクラブニュース


なめらかな口当たりの豆腐で野菜をコーティングした「白和え」は、やさしい味わいがしみじみおいしいメニュー。砂糖を加えて甘めに仕上げれば、箸休めの1品にも最適です。今回は、秋の味覚・柿を使った白和え3選をご紹介。柿の食感を活かし、フレッシュでみずみずしい季節の味を楽しんでみては?

柿の白あえ

【材料・2人分】

絹ごし豆腐 1/2丁、合わせ調味料(みそ 大さじ1/2、砂糖 小さじ1/2)、柿 1/2個

【作り方】

1. 絹ごし豆腐は1cm幅に切ってペーパータオルに包み、約10分おいて水きりをする。ボウルに入れてゴムべらでなめらかになるまで潰し、合わせ調味料を加えて混ぜる。

2. 柿は5mm幅のくし形切りにし、1に加えてあえる。

(1人分81Kcal、塩分0.6g)

豆腐をそのまま入れると水っぽくなってしまうので、必ず水きりしてから使いましょう。余分な水分が抜けた豆腐は、味つけをした後もうまみをキープできて◎。薄めのくし形切りにした柿によくなじませていただきます。

白あえ

豆腐をざるでこす時は、下のボウルに練りごまを入れておくのがおすすめ。後の作業がしやすくなります。



アボカドの白あえ

アボカドとかに風味かまぼこで食べごたえをアップさせます。おしゃれな器に盛りつければ、まるで小料理屋さんの小鉢のよう。



柿はビタミンCやA、カリウムといった栄養素が豊富に含まれているヘルシーなフルーツ。季節の変わり目で体調を崩しやすい今こそ、ぜひ食卓に並べてくださいね。(レタスクラブニュース)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved