サイト内
ウェブ

簡単&ヘルシーな新定番スイーツ「ヨーグルトバーク」に注目!

  • 2018年9月11日
  • レタスクラブニュース


残暑が続く日のリラックスタイムには、ひんやりしたスイーツが食べたくなりますよね。そこでおすすめなのが、新定番スイーツ「ヨーグルトバーク」です。

今回は、料理を楽しくするカメラアプリ「SnapDish(スナップディッシュ)」運営スタッフに教えてもらった、アプリ内で人気がある「ヨーグルトバーク」をご紹介します。



ヨーグルトとフルーツで作る簡単スイーツ!

ヨーグルトバークの作り方はシンプルです。水切りヨーグルトをバットに広げ、お好みのフルーツを散らします。数時間凍らせれば完成! 手で割ったところが木の皮に似ていることから「バーク(樹皮)」と呼ばれるようになりました。



こちらはキウイフルーツやみかん、ラズベリーやブルーベリーを使ったヨーグルトバークです。カラフルで見た目も美しいですね!



アイスケーキのようでパーティーにもおすすめ

ヨーグルトバークに使う水切りヨーグルトは、ご家庭でも作れますが、市販されているギリシャヨーグルトを使ってもOKです。砂糖が加えられているものを選ぶとよりおいしくなります。無糖の場合は、はちみつを加えるとまろやかな味わいになりますよ。



こちらはマンゴーやオレンジ、グラノーラを使った1品です。作るときにバットではなくシリコンでできたケーキ型を使うと、形を保ったまま取り出せます。写真のように切り分けるとケーキのようで、夏生まれのお子さんの誕生日パーティーなどにも最適です。



ほかのスイーツと比べてもヘルシー!

アイスクリームと比べてカロリーが低いのも、ヨーグルトバークの魅力の1つです。ダイエットをしている方でも、罪悪感をもたずに食べられますね。フルーツをたくさん使えば、ビタミンなどの栄養素も摂れます。



こちらはキウイフルーツやパイナップルを使った1品です。シリコンのドーナツ型を使うと、切り分ける手間も省けます。涼やかな見た目が食欲をそそりますね!



簡単に作れてフルーツもたくさん摂れるヨーグルトバークは、残暑の時期にもぴったりのスイーツです。Snapdishに投稿された写真には、ヨーグルトにジャムを混ぜたりチョコレートやクッキーをトッピングしたりしたレシピも見られました。いろいろ試してお気に入りの組み合わせを見つけるのも楽しいですよ。(レタスクラブニュース)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved