サイト内
ウェブ

トマトジュースが決め手! うまみがギュッと凝縮「トマト麺&ご飯」

  • 2018年3月14日
  • レタスクラブニュース


定番野菜ジュースの1つである「トマトジュース」。ドリンクとしてだけではなく、実は調味料としても役に立ちます。今回はトマトのうまみが凝縮された主食5選をピックアップ。生のトマトとはまた違った味わいになり、手軽に作れますよ。



トマトラーメン(1人分447Kcal、塩分2.7g)

【材料・2人分】

チャーシュー(市販品) 4枚、水菜 1/4わ、トマトジュース 2カップ、もやし 40g、中華生麺 2玉、とりガラスープの素 小さじ1/2~1、塩、粗びき黒こしょう、ラー油

【作り方】

1. 水菜は3~4cm長さに切って、茎と葉に分ける。

2. 鍋に水2カップを入れて火にかけ、スープの素を加える。溶けたらトマトジュースを加えて煮立て、水菜の茎、もやしを加えて10秒ほど煮て、塩、こしょうで味をととのえる。

3. たっぷりの熱湯で中華麺を袋の表示どおりにゆでて湯をきり、器に入れる。2を上からかけて、チャーシュー、水菜の葉をのせる。こしょう適宜をふり、ラー油適宜をたらす。



ちょっぴり酸みのあるスープが新鮮な1品。市販のチャーシューをのせれば、おうちで手軽にラーメン屋さん気分が味わえます。水菜の茎やもやしでシャキシャキ食感をプラスして。



ペンネのミネストローネ風

体の中からあたたまるスープパスタ。ペンネはロングパスタよりかみごたえがあるので、少量でも満足感が得られますよ。





炊き込みトマトピラフ

材料を炊飯器に入れてトマトジュースで炊くだけの簡単ピラフです。とろとろの温泉卵がトマトと相性抜群。





特急ドライカレー

いつものカレーに飽きたらドライカレーにチャレンジ。短時間で完成するので、忙しい時にもおすすめです。





えびトマトライス

えびのほどよい甘みとぷりぷり感がたまりません。最後に粉チーズをふって召し上がれ。





トマトジュースを使うことでうまみもプラスされ、減塩効果も。おいしくヘルシーなレシピをぜひ試してみて。(レタスクラブニュース)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

日本自然保護協会×緑のgoo

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

日本自然保護協会×緑のgoo
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved