サイト内
ウェブ
緑のgoo 10th Anniversary 緑のgoo 10th Anniversary

受験のゲン担ぎにも! お財布にも優しくてコスパ抜群な「納豆おかず」

  • 2018年2月14日
  • レタスクラブニュース


受験シーズンに浮上するメニューといえば「ゲン担ぎ」料理。トンカツ、カツ丼など種類もさまざまですが、今回はネバネバ納豆を使用したおかず5選をご紹介。気軽に作れるメニューが揃っているので、納豆料理に“ねばって勝ちとれ”という思いを込めて作ってくださいね♪



納豆オムレツ(241Kcal、塩分1.1g)

【材料・2人分】

納豆(小粒) 1パック、卵 3個、パセリのみじん切り 1/2カップ、ミニトマト 3個、添付の納豆のたれ 1袋、塩、バター

【作り方】

1. ボウルに卵を溶きほぐす。納豆とたれを白っぽくなるまでよく練り混ぜて加え、パセリ、塩適宜も加えて泡立てるように混ぜる。

2. フライパンにバター15gを溶かして1を流し入れ、弱めの中火でじっくり焼く。表面が固まってきたら半分に折り、フライパンの縁を使って形を整え、上下を返して色よく焼く。

3. 器に盛って、半分に切ったミニトマト、好みでパセリを添える。

納豆をふわふわの卵焼きで包んだオムレツ。納豆にたれを加えた後に、白っぽくなるまで練り混ぜるのがおいしく作るコツです。卵は火加減を調節して、好みのかたさに焼き上げましょう。



納豆ベーコン

納豆を炒めて独特のかおりを消し、まろやかな味わいに仕上げます。カリッと焼いたベーコンがベストマッチ。





納豆バーグ

おかずにぴったりのハンバーグに納豆をプラス。ひき割り納豆を使えば、たねがまとまりやすくなりますよ。





納豆おやき

一口サイズで食べやすいおやき。おろしにんにくを足して味に奥行きを出しましょう。





納豆のいり卵

パパッと作れるすぐでき料理。調理時間はたったの6分なので、忙しい朝でも余裕を持って調理できます。





納豆は意外とさまざまなメニューと合わせやすく、コスパも抜群の食材です。いつも同じような味つけになって「マンネリ化」してしまうなら、納豆を入れてみるのも1つの手かも。(レタスクラブニュース)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved