サイト内
ウェブ

いちごジャム使いで、どんなキャラも一気にラブリー!【キャラ弁】 

  • 2018年1月14日
  • レタスクラブニュース




レタスクラブニュースでは、2月末まで「冬のキャラ弁祭り」を開催中です。たくさんの楽しい作品を、お待ちしております!

その中からピックアップしてご紹介していくこのシリーズ、今回はインスタ映え!? もバッチリな華やか弁当です。



ギュッと型押ししてパンをくりぬくことができるアイテムは、キャラ弁づくりの強い味方。くりぬいたパンを使うほか、「穴」のほうを利用するというアイディアも定番です。

今回ご紹介するキャラ弁は、その穴へいちごジャムを流し込み、ハムや海苔で顔パーツを重ねたもの。するとジバニャン(妖怪ウォッチ)の亜種である、イチゴ果汁100%のネコ妖怪「イチゴニャン」が、こんなにジューシーに再現できちゃうんです。

フルーツ関連のキャラクターは、この要領でジャムを使うと、色鮮やかにラブリーに作れそう。甘党の方は、ぜひお試しあれ!(レタスクラブニュース)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

日本自然保護協会×緑のgoo

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

日本自然保護協会×緑のgoo
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved