サイト内
ウェブ
緑のgoo 10th Anniversary 緑のgoo 10th Anniversary

時代は低糖質から低GIへ。甘くておいしいのにヘルシーなアガベって何?

  • 2018年1月12日
  • レタスクラブニュース
大人も子どもも、女子は甘いものが好き。好きなだけ食べられたら幸せですよね。でも、そんなときにふと頭をよぎるのが、「あー、また太っちゃう……。」という複雑な気持ち。

でもそれが美容と健康によいとなれば、当然話は違います。そんな甘―いお話。

女優さんやモデルさんなど、いわゆる美意識の高い人たちの間でブームとなっているのが「ナッツのはちみつ漬け」。栄養価も高くアンチエイジングや美肌効果も期待されて、美容と健康によいといわれています。

ただ、ちょっと気になるのは糖質。そこでおすすめなのが、はちみつの代わりにアガベシロップを使った、森川健康堂株式会社の有機JAS認定完全オーガニック食品「有機アガベ&ナッツ」です。

アガベとは、テキーラの原料にもなるメキシコの植物。そのアガベから採れるのが、アガベシロップです。アガベシロップは、優しくて上品なクセのない甘さで、アメリカやヨーロッパではすでにヘルシーな甘味料として定着しています。

このアガベシロップの1番の特徴が、GI値が低いこと。GI値というのは、その食品の糖質の吸収されやすさを示す値で、値が低いほうが糖が吸収されにくく、血糖値の上昇も穏やかです。

血糖値が急激に上昇すると、糖を脂肪に変えて蓄えようとする動きが活発になったり、老化を進める原因物質であるAGEの生成にもつながります。

ブドウ糖を100としたときに、アガベシロップのGI値は21。はちみつと比較しても約1/4です。55以下が低GI食品とされていることからみても、その値の低さは歴然ですよね。

甘くておいしいのに、罪悪感どころかヘルシーで美容効果もある「有機アガベ&ナッツ」。ヨーグルトにいれたらちょっとセレブな雰囲気も漂って、インスタ映えもしそうですね。(レタスクラブニュース)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved