サイト内
ウェブ

1枚使ってど~ん! とりもも肉1枚を使った迫力おかず5選

  • 2018年1月14日
  • レタスクラブニュース
とにかく便利なとり肉。中でもとりもも肉1枚をまるごと使った料理はささっと作れるうえ、ふだんのおかずから人が来た日にも使えて便利です。どれもボリュームたっぷりのレシピをご紹介します。

 

お弁当にもピッタリ「とりの黒酢照り焼き」



<材料2人分>

とりもも肉…大1枚(約300g)、長いも…6cm(約100g)、チンゲンサイ…1株、たれ(黒酢…大さじ3、しょうゆ…大さじ1と1/2、砂糖…大さじ1、みりん…大さじ1)、塩、サラダ油

<作り方>

1.とり肉は余分な脂を除き、厚いところに切り目を入れて開き、厚みを均等にする。長いもは1cm厚さの半月切りにする。チンゲンサイは四つ割りにして耐熱皿に並べ、ラップをかけて電子レンジで約3分加熱し、水を絞って、塩少々をふる。

2.フライパンに油大さじ1を熱し、とり肉を皮目から入れて焼く。あいているところに長いもを並べ、両面に焼き色がつくまで焼いて取り出す。とり肉は皮に焼き色がしっかりつくまで5~6分焼いて上下を返し、さらに5~6分焼く。

3.ペーパータオルで余分な脂をふき取り、たれを加えて煮立たせる。全体にからめて火を止めてとり肉を取り出し、食べやすい大きさに切って皿に盛り、1のチンゲンサイと2の長いもを盛り合わせる。フライパンに残ったたれを再び火にかけて煮詰め、とろみがついたらとり肉にかける。

たれをとり肉にからめながら仕上げると、ほんのり酸味がきいたおいしさが楽しめます。香りやコクが口いっぱいにひろがる一品。

 

ピリッとくる風味がいい「とり肉のさんしょう焼き」



皮をパリッと焼くと歯ごたえもよく食がすすみます。さんしょうが香り高く、おかずにもおつまみにもなるメニュー。

 

甘辛い味付け「チキンのハニーマスタードソテー」



はちみつとマスタードがとり肉によくからんだひと皿。とり肉に火が通ってからたれを加えるのがポイントです。

 

冷えなんてこわくない「とりのダブルしょうが焼き」



おろししょうがと薄切りしょうがのダブルパンチで体もポカポカ! 冷え症の女子にもうれしいとり肉料理です。

 

ボリュームたっぷりで贅沢「とりももの一枚揚げ」



ころもはしっかりと押し付けてパリパリの触感に。香味野菜を合わせたソースと一緒にいただけば、さっぱり食べやすくなります。

 

お手軽で使いやすいとり肉ですが、調理方法がワンパターンになりがち。今回のご紹介したレシピを使って、とりもも肉レシピのバリエーションを増やしてみては?(レタスクラブニュース)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

日本自然保護協会×緑のgoo

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

日本自然保護協会×緑のgoo
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved