サイト内
ウェブ

風邪を引きそうな肌寒い夜には「スタミナ豚汁」であったまろう

  • 2017年10月13日
  • レタスクラブニュース

昨日までの暑さがうそのような肌寒さですが、みなさん体調をくずしていませんか? 寒暖の差で風邪を引きやすい季節だからこそ、栄養たっぷりの「スタミナ豚汁」を食事に取り入れて。

豚肉に含まれる“スタミナのビタミン”とも呼ばれるビタミンB1は、にんにくと一緒にとることで吸収力がアップ。にんにく自体にも強い抗菌作用、抗酸化作用があり、風邪の予防にもってこいの一品です。

 

■ 【スタミナ豚汁】

<材料>(2人分)

豚バラ焼き肉用肉150g、里いも3個、ごぼう50g、長ねぎ1/2本、にんにく2片、こんにゃく80g、煮汁(酒、みそ各大さじ2、水2と1/2カップ、みそ

<作り方>

(1)里いもは半分に切る。ごぼうはたわしでよくこすり、斜め5mm幅に切って水にさらす。ねぎは1cm幅の小口切りにする。にんにくは縦4等分に切る。豚肉は2cm幅に切る。

(2)こんにゃくは小さめの一口大にちぎる。鍋に湯を沸かし、こんにゃくをさっとゆでてざるにあけ、湯をきる。

(3)フライパンを油をひかずに温め、肉を並べて2~3分焼く。上下を返し、同様に焼く。脂が出てきたら大さじ1程度を残してペーパータオルで拭き、にんにくを加えて軽く炒め合わせる。

(4)ごぼうは水をきって加え、里いも、2も加えてさっと炒め合わせる。煮汁を加えて弱めの中火にし、8~10分、アクを取りながら煮る。ねぎを加え、さらに1~2分煮て、みそ小さじ1~大さじ1/2を溶き入れる

(411kcal、塩分2.7g)

 

「スタミナ豚汁」には、長ねぎもたっぷり。長ねぎは漢方では発汗、解熱、鎮痛作用、体を温める働きがあり、風邪にきくとされている野菜です。これから旬を迎え、甘みが増しておいしくなる長ねぎも、ぜひ積極的に毎日の食事に取り入れて。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved