サイト内
ウェブ

「いつ注文したかな?」「届けものと見間違える!」愛猫のスーパーシンデレラフィットに5.6万いいねの大反響!

  • 2024年6月14日
  • レタスクラブニュース


お子さんがいるご家庭では、家に段ボールがあるとその中に子どもが入って遊んでる!なんてことはよくある日常の光景ですよね。
もろとむく@まるか(@s_sekko)さんの愛猫、むく君も狭いところが大好き!
そんなむく君が、段ボールにスッポリ入った様子を捉えたポストに、5.6万いいねがついて話題になっています!

愛猫の可愛さがギッチリ詰まった様子はまるでバス〇〇〇?!



段ボールにギッチリ詰まっているモフモフの正体は、もろとむく@まるか(@s_sekko)さんの愛猫むく君。
狭いところが大好き!段ボールがお気に入り!だというむく君の様子と「スーパーシンデレラフィット」とコメントされたポストに、5.6万ものいいねがつきました!「おろしたてのバスタオルかと思ったわ」「ぴったりすぎてクッション材いらないね」など100件にも及ぶコメントが寄せられ大反響が起こりました!



梱包準備は万全⁈段ボールとの相性抜群な愛猫



「バスタオルかと思った」というコメントのほかにも、「枕かと思った…」「クッションみたい!」「梱包されそう」などの声も多く届きました。
また、段ボールにピッタリフィットしたむく君の様子に「私の知っていたフィットはフィットではなかったかもしれない…」と、見る人の想像の域を超えるインパクトを与えました。



飼い主が仕掛けたトラップに愛猫が選んだものとは?!



もろとむく@まるか(@s_sekko)さん がむく君に仕掛けた3つの段ボール。
よく見ると大きさは3つとも異なっていて、大・中・小と用意されています。
むく君が選んだのは、一番小さい段ボール。
中に入ろうとしますが、なかなか収まりきれません。
「さすがに漏れてるな…」「発酵済みの山型食パンかしら?」「あふれるクリーム」など、ほっこりするむく君の様子にたくさんのコメントが寄せられました!



愛猫の日常はどんな様子?飼い主に直撃!


―――むく君は狭いところが好きなんでしょうか?
もろとむく@まるかさん「狭いところ、大好きです。よく詰まってます。」

―――最近のむく君、もろみちゃんの面白かったエピソードがあれば教えてください!
もろとむく@まるかさん「2匹とも段ボールが好きなのですが、なぜか体の大きいむくの方が小さい箱を選んで、パンパンに詰まった挙句、最後は箱を破壊したのは面白かったです。」



茶色い毛並みのもろみちゃんは、むく君のお姉ちゃん。
段ボールに入っているもろみちゃんの隣で、同じように段ボールにスッポリ入っているむく君ですが、もろみちゃんと見比べてみると…。
むく君の方は隙間がないくらいパンパン状態!



やはり、むく君のサイズには小さかったのでしょうか…。
段ボールが壊れてしまうひとコマも。




また、ある日のひとコマでは、半目になりながら眠っている様子のむく君も。






数分前に撮ったときは、可愛らしい顔で寝ていたのに「どうしてあんなことに…笑」ともろとむく@まるか(@s_sekko)さん も思わずつぶやいてしまったほど。




よっぽどお疲れだったのでしょうか。ぐっすり眠るむく君の様子が伺える1枚です。




「どんな状態⁈」と思わず口にしてしまうような1枚には、むく君が立ち上がってお辞儀をしているような様子が捉えられています。
「四角い…」「すごい勢いで謝ってる…」「究極の猫背」など、なんとも不思議な姿のむく君にコメントが続々と寄せられました!




もろとむく@まるか(@s_sekko)さん ご自身も「猫…?」と思わず本音がポロっと出てしまったようです。

5.6万いいねに飼い主の心境を聞いてみた!


―――いいねがたくさんついてバズっていましたが反響はいかがでしたか?
もろとむく@まるかさん「驚きましたがすごく嬉しかったです!」

―――バズったことについてご家族や周囲の方はどんな反応をされていましたか?
もろとむく@まるかさん「『見たよ~』などの声をいくつかもらいました。たくさんの方にうちの猫を見てほっこりしてもらえたら幸せです。」

―――印象的なコメントや反響を教えてください!
もろとむく@まるかさん「『バスタオル?』のコメントには笑いました!」

むく君、もろみちゃんと暮らすもろとむく@まるか(@s_sekko)さん のポストには、愛猫たちの日々の様子や、クスっと笑ってしまうひとコマがたくさん綴られています。
そんな2匹のユーモア溢れる仕草が垣間見れる日常をぜひご覧ください!

文=畠山麻美




キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved