サイト内
ウェブ

世界で大ヒット『ソンジェ背負って走れ』ピョン・ウソクとキム・ヘユンが食べた「サムゲタン」が食べたい!

  • 2024年6月9日
  • レタスクラブニュース


世界中で大ヒットしている超話題の韓国ドラマ『ソンジェ背負って走れ』(U-NEXTで独占配信中)。日本でも「U-NEXT」4月韓国・アジアドラマランキングで2か月連続1位を獲得!フランス、アメリカ、イギリス、カナダ、ブラジルなど、世界的に大ブームを巻き起こしている注目の作品なんです。

ついに5月28日に最終回を迎えましたが、人気の勢いはそのまま!Xでも「今でも盛り上がりがすごい」「ソンジェロス大爆発!!!」「顧客満足度100%すぎる。感謝が止まらない。」「永遠にリピしてしまう…」「こんなにも全てのキャラが愛おしいなんて!」と、まだまだ興奮も冷めやらない様子。

空港ではソンジェ役のピョン・ウソクを12時間待ち続けるファンも多く見られた中、等身大ソンジェパネルを背負っているファンもいたとか!







ドラマに出てくる「参鶏湯(サムゲタン)」が気になる!

タイプスリップした2008年でのソンジェ(ピョン・ウソク)とソル(キム・ヘユン)の関係性が気になる第3話。

以降ネタバレを含みます




■『ソンジェ背負って走れ』3話あらすじ
学生時代、実はソルのことが好きだったソンジェ。肩の怪我を防ごうと水泳大会への出場を阻止したかったソルでしたが、ソルとテソン(ソン・ゴニ)の関係が気になるソンジェは水泳大会で金メダルを獲り、ソルに告白をしようと考え出場。

大会後、金メダルをとったソンジェはソルを誘い出す。食事をしようと街を歩くものの、ソルが喜びそうな有名店を調べていたのになかなか店が見つからない。

やっと見つけた時、「大会後で疲れているだろうから、栄養のあるものをソンジェに食べさせたい」と、「参鶏湯(サムゲタン)」の店に入ってしまうソル。




鍋がぐつぐつ沸いている熱々のサムゲタン。身をソンジェがほぐしてくれ、「熱いから気を付けろ」という推しを前に「私は成功したオタクだわ」と嬉しくなるソル。

その後も告白のタイミングを見計らうものの、上手くいかないソンジェ。一方のソルは、何やら悩みにふけっている様子で…。

そんな2人の思い出の「参鶏湯(サムゲタン)」。



ドラマロスの方のために、家で入手しやすい材料で簡単に本格的な「参鶏湯(サムゲタン)」が作れるレシピをご紹介します。
ドラマを見ながら食べれば、気分はソンジェ(ピョン・ウソク)とソル(キム・ヘユン)!?



手羽先サムゲタン



■材料(2〜3人分)
<サムゲタン>
とり手羽先…6本
じゃがいも…2個
にんにくの薄切り…1片分
ご飯…茶碗1杯分
とりガラスープの素…小さじ2
塩、ごま油
■にらだれ
・にらのみじん切り…2本分
・ごま油…大さじ1 1/2
・塩…小さじ1/2

■作り方
1 じゃがいもは4等分に切る。手羽先は骨に沿って切り目を入れて、その部分に塩少々をふる。

2 厚手の鍋にごま油小さじ1と1/2を熱し、手羽先を皮目から入れて、両面にこんがりと焼き色がつくまで焼く。じゃがいもを加えて混ぜ、油がまわったら、ご飯、にんにく、水3カップ、とりガラスープの素を入れてふたをし、沸騰したら弱火にして約20分煮る。

POINT■とり肉は両面をこんがり焼く。こうすると、こうばしさが残り、滋味のあるおいしいスープになる。

3 器に盛り、にらだれの材料を混ぜて添える。

韓国の土用の丑の日?「参鶏湯(サムゲタン)」は夏にぴったり

「参鶏湯(サムゲタン)」は内臓を取った一羽若鶏(鶏肉)の腹の中に、高麗人参などの漢方ともち米などの食材を詰めて長時間煮込んだもので、「薬膳料理」として親しまれています。

煮出した熱いスープと共に食べる料理ですが、韓国では夏バテ時の疲労回復としてよく食べられているため、「夏の料理」としても定番。夏の間だけ提供する食堂もあるようです。

日本の「土用の丑の日」には夏負けしないようにウナギをたべますが、韓国では「伏日」といって暑い時期にサムゲタンを食べて滋養をつける習慣もあるんですよ。

急に暑くなりつつも、昼間と夜で寒暖差が激しいこの季節。体調を崩しやすい方も多いのではないでしょうか? 疲労回復にぜひ作ってみてくださいね! 

『ソンジェ背負って走れ』
(C) CJ ENM Studios Co., Ltd. U-NEXT独占配信中

文=みやしま



キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved