サイト内
ウェブ

小さく切ればスピーディー調理が叶う! 大根のさっと炒め3選

  • 2022年11月29日
  • レタスクラブニュース


大根は煮ものやサラダによく使われますが、実は炒めものにしてもおいしい食材。大きくカットすると火通りに時間がかかりますが、小さめにカットすると下ゆでいらずで手早く調理できます。今回ご紹介するのはパッと炒めてすぐに食卓に出せるメインおかず3品。使いきれずに余った大根があるという方や、いつもとは違った大根料理が食べたいなという時にぜひ作ってみてはいかがでしょう?

大根と豚バラのオイスター炒め

【材料・2人分】
豚バラ薄切り肉…200g、大根…1/4本(約250g)、にら…1/2わ(約50g)、合わせ調味料(オイスターソース…大さじ1/2、しょうゆ…小さじ1、砂糖…ひとつまみ、塩・こしょう…各少々)、塩、こしょう、ごま油、酒

【作り方】
1.大根は3cm長さ、1cm幅の短冊切りにし、にらは4cm長さに切る。豚肉は3cm幅に切り、塩、こしょう各少々をふる。

2.フライパンにごま油大さじ1を中火で熱し、大根を約2分30秒炒める。

3.しんなりしたら豚肉を加えて約1分炒め、肉の色が変わったら酒大さじ1をふる。

4.合わせ調味料を加えてさっと炒め、にらを加えてひと混ぜする。
(1人分450kcal、塩分1.5g レシピ考案/堤人美 栄養計算/スタジオ食)

オイスターソースで旨みたっぷりに仕上げたボリューム満点の一皿。ジューシーな豚バラとみずみずしい大根は炒めても相性抜群です。




大根のさっと炒めは他にもいろいろ。まだあるおすすめのアイデア2つをご紹介します。




大根とひき肉の梅塩昆布炒め

小さく角切りにした大根を梅干しと塩昆布でさっと炒めた一品は、ご飯がどんどん進みます。ごま油をひいたフライパンで大根・しめじを炒め、大根が透き通ってきたらひき肉(塩をふる)を加えて炒めて。肉の色が変わったら酒・梅干し(包丁でたたいてみりん・しょうゆを混ぜたもの)、塩昆布の順に加えて炒め合わせれば完成。冷めてもおいしく食べられますよ。



大根ととり肉の塩炒め

味つけは塩だけでOK。一口大に切ったとりもも肉(塩・こしょう・片栗粉をまぶす)を両面焼いて、大根(いちょう切り)・パプリカ(細切り)を加えて炒め、大根がしんなりしたら酒をふり、塩・水を加えてとろみがつくまで炒めます。仕上げに粉ざんしょうをふると、大人の味わいに。



カットした大根を保存する際は、キッチンペーパーで包んでポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室に入れて。使い切れない場合は、食べやすい大きさにカットして冷凍保存しておくと、今回のような炒めものやスープにさっと使えて便利ですよ。

文=齋藤久美子(栄養士)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved