サイト内
ウェブ

ミネラルたっぷりのひじきをもっと身近に楽しむコツは…? 作業時間5分であと1品!

  • 2022年6月12日
  • レタスクラブニュース


ひじきは水で戻すというひと手間が面倒で避けてしまいがち。でもミネラル豊富で低カロリー、健康にもダイエットにもうれしい食材なんです。身近に楽しむコツは、長ひじきよりも戻す時間が短い「芽ひじき」を選ぶこと。メインのおかずを作っている間に水で戻しておけば、余計な時間をかけずに調理できます。もっと早く戻したい場合は、軽く下ゆでするのもおすすめ。あとは手早く作れるレシピを選べば、さっと1品完成します!

芽ひじききんぴら

【材料・2人分】
ごぼう…15cm、赤とうがらしの小口切り…少々、芽ひじき(乾燥)…10g、白いりごま…小さじ2、ごま油、しょうゆ、砂糖、みりん

【作り方】
1.ごぼうはささがきにし、さっと洗って水けをきる。ひじきは洗って鍋に入れ、ごぼうと水2カップを加えて強火にかける。

2.沸騰したらざるにあけてしっかりと湯をきり、鍋に戻す。ごま油大さじ1/2、赤とうがらしを加えて強火で炒め、全体に油がまわったら、しょうゆ小さじ2、砂糖、みりん各小さじ1を加えていりつけ、いりごまを加えてさっと混ぜる。
(1人分82kcal、塩分1.0g 調理/本田明子 栄養計算/スタジオ食)

ひじきの旨みと食感が、ごぼうのおいしさを引き立ててくれる一皿。ひじきは水で戻さずにごぼうとともにさっと下ゆでするので、調理時間はトータル5分ほど!




ひじきの副菜は他にもいろいろ。まだあるおすすめのアイデア4つをご紹介します。




豆苗とひじきのサラダ

めんつゆ+酢の簡単ドレッシングをたっぷり吸ったひじきが美味! シャキシャキの豆苗にあえればもりもり食べられます。ひじきは戻してから、ドレッシングとともにレンジにかけて。



しめじとひじきの洋風炒め

赤とうがらしをきかせたピリ辛の炒めものがレンチンで! きのことハムの旨みでひじきがたっぷり食べられます。



ひじきの酢のもの

さっとゆでたひじきとれんこんを、甘酢であえればできあがり! 好みでしらす干しを混ぜても◎。



ひじきのぺペロンチーノ

フライパンにオリーブ油、にんにく、赤とうがらしを入れてひじきを炒め、仕上げにもやしを加えて。このままはもちろん、パスタをあえてもおいしそう!



不足しがちな栄養素を豊富に含んでいるひじき。時短レシピを上手に選べば、普段使いできそうですよ!

文=齋藤久美子(栄養士)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved