サイト内
ウェブ

臭みがとれてふっくら揚がる!「ぶりのヨーグルトカレー揚げ」

  • 2022年1月28日
  • レタスクラブニュース


ヨーグルトには美肌効果や整腸作用、ウイルス感染症予防など、体にうれしいメリットがたくさん! でも、毎日食べていると飽きてしまうこともありますね。そこで日々のおかずにヨーグルトをプラスして、スムーズに体に取り入れられるレシピをご紹介! 肉や魚をやわらかくしたり、臭みをとったり、食材をしっとりジューシーに仕上げるなど、料理をおいしくする効果もたくさんあるんです。

今回は、ヨーグルトだれに漬けたぶりをから揚げにします。

教えてくれたのは▷ワタナベマキさん


料理研究家。身近な材料を使ったしゃれた料理で大人気。子どもの頃からヨーグルトが大好きで、今も料理に活用するのはもちろん「毎朝欠かさず食べています!」。

ぶりのヨーグルトカレー揚げ


[ 材料・2人分 ]*1人分397kcal/塩分2.0ℊ
ぶり...2切れ
レモンのくし形切り(半分に切る)...適量
■ヨーグルトカレーだれ
∟プレーンヨーグルト...大さじ2
∟おろしにんにく...1片分
∟おろししょうが...1かけ分
∟しょうゆ...小さじ2
∟カレー粉...小さじ1
∟塩...小さじ1/3
片栗粉 小麦粉 揚げ油

[ 作り方 ]
1.ぶりは水けを拭き、3~4等分に切る。保存用密閉袋に入れ、ヨーグルトカレーだれの材料を加えて軽くもみ、約10分常温で漬ける(冷蔵室で一晩〈8~12時間〉おいても可)。

2.片栗粉、小麦粉各大さじ1と1/2を加えて混ぜる。

3.フライパンに揚げ油適量を低温(約160℃)に熱し、ぶりをたれを拭って入れて上下を返しながら薄く色づくまで揚げる。揚げ油を中温(約170℃)に上げ、上下を返しながら全体がきつね色になるまで揚げて油をきる。器に盛り、レモンを添える。

*  *  *

ヨーグルトダレに漬けると、ふっくらと揚ります。揚げ物が苦手な方も挑戦してみる価値あり! 魚の臭みもとれ、一石二鳥です。

調理/ワタナベマキ 撮影/佐々木美果 スタイリング/中村弘子 栄養計算/スタジオ食 編集協力/渡辺ゆき

【レタスクラブ編集部】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved