サイト内
ウェブ

キャベツを1玉を1週間で使い切る! 芯までおいしく食べきる5日間のおかず

  • 2021年7月21日
  • レタスクラブニュース


冷蔵庫の野菜、使いきれないままダメにしてしまった経験はありませんか? これは家庭でありがちな食品ロスのひとつ。安いからと多めに買って、いたんで捨ててしまっては本末転倒ですよね。例えばキャベツ1玉が手元にあったらどう使いますか? 今回は芯まで飽きずにおいしく食べ切れる5日分のレシピをご紹介! 家庭でできるSDGsの取り組みとして「もったいない」を減らしながら、料理の腕も上げちゃいましょう♪

焼き肉のたれでレンチン麻婆キャベツ

【材料・2人分】
豚ひき肉…150g、キャベツ…1/4個(約250g)、たれ(おろしにんにく・おろししょうが<チューブ>…各2cm、焼き肉のたれ…大さじ4、片栗粉・ごま油…各小さじ1、水…大さじ1と1/2)、ラー油

【作り方】
1.キャベツは一口大にちぎる。

2.直径20cmの耐熱ボウルにひき肉とたれの材料を入れてよく混ぜ、キャベツをのせる。ふんわりとラップをかけて、電子レンジで約5分加熱する。

3.取り出してよく混ぜ、器に盛り、ラー油適量をかける。
(1人分292kcal、塩分3.1g)

※このレシピでは電子レンジは600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

ボウルに材料を全部入れて、レンチンするだけの超お手軽レシピ。2人でキャベツ4分の1個を消費できます。味つけが苦手な人も、焼き肉のたれを使えば失敗知らず。包丁もフライパンも使わないから後片付けも楽ちんですよ♪

キャベツソテーのスクランブルエッグのせ

2日目は芯つきのままくし形にカットしたキャベツをフライパンで豪快に焼き、上からとろとろのスクランブルエッグをソースのようにかけて。最後にバターじょうゆを回しかけると風味がアップ!



キャベツたっぷりとん平焼き

関西でおなじみのとん平焼きも、キャベツをたっぷり消費できるメニュー。豚肉は両面こんがり焼いて、香ばしさを楽しんで。



キャベツとしその浅漬け

副菜にあと一品ほしい…そんなときは塩昆布と青じそを使ったシンプルな味つけの浅漬けはいかが? あっさり&シャキシャキ食感で暑い夏にぴったり!



キャベツと卵のみそ汁

キャベツが少量あまってしまったら、みそ汁に入れて。仕上げに卵を落とし入れて、混ぜながらいただきます。芯の部分を薄く切って入れても甘味が出ておいしいですよ。



今回紹介した5品を見ても、和洋中、こってり・さっぱり、主菜・副菜・汁もの…とキャベツ料理のバリエーションは多彩! 使い切ることを目指しているうちに、料理のレパートリーもどんどん増えていきそうです♪ どうしても使い切れないときは、使いやすい大きさにカットして保存袋に入れ、冷凍保存するのもおすすめですよ。

文=齋藤久美子

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved