サイト内
ウェブ

かぶりつけば肉汁ジュワ〜♪ フライパンで作る簡単スペアリブ

  • 2020年11月24日
  • レタスクラブニュース



難しそうに見えるけれど、手間をかけないわりにごちそう感があるのがスペアリブ料理。豪快にフライパンごとテーブルに出して、できたてあつあつにガブっとかぶりつきましょう!

失敗しないポイント


■【肉選び】大きさが違ってもグラムで選べばOK!


スペアリブは意外と大きさがバラバラなことも。大きいほうが見栄えはするけれど、小さくても調理方法や味に違いはなく、問題なし。

■【焼き加減】時間をしっかり守ろう
骨は太いけれど、肉はそれほど厚くないことがほとんど。大きくても小さくても、加熱時間を守ればおいしい仕上がりに。


スペアリブ

スペアリブは、しっかり漬け込むとおいしさが倍増!
つけ合わせの野菜も手でつまめます。


【材料】(4人分)*1人分702kcal /塩分2.2g
・豚スペアリブ……8本(約1kg)
・マリネ液
 ┗タイム……3~4本
 ┗白ワイン(または酒)……大さじ2
 ┗おろしにんにく……小さじ1
 ┗はちみつ……大さじ1
 ┗粒マスタード……大さじ1/2
 ┗塩……小さじ1
 ┗粗びき黒こしょう……小さじ1/3
・赤パプリカ……1個
・黄パプリカ ……個
・ブロッコリー……1/2個
・ミニトマト……8個
・蒸し汁
 ┗白ワイン(または酒)、水……各大さじ3
オリーブ油 塩 こしょう

【作り方1】 肉をマリネ液に漬ける
ポリ袋にスペアリブ、マリネ液の材料を入れてよくもみ込む。空気を抜いて口を縛り、冷蔵室に2時間から一晩おく。



【作り方2】 つけ合わせの野菜を炒める
パプリカは、縦12等分に切る。ブロッコリーは小房に分ける。フライパンにオリーブ油大さじ1/2を強めの中火で熱し、パプリカ、ブロッコリーを入れて約1分炒める。水大さじ2、塩小さじ1/4、こしょう少々を加えてさらに約1分炒め、ミニトマトを加える。ブロッコリーの緑が鮮やかになったら火を止め、取り出す。

短時間で仕上げよう!



【作り方3】 焼き色をつける
フライパンにオリーブ油大さじ1/2を強めの中火で熱し、スペアリブを汁けを軽くきって並べ、タイムをのせて焼く。向きを変えながら全体に焼き色がつくまで4~5分焼く。

脂の多い面を下にして



【作り方4】 蒸し焼きにする
蒸し汁の材料を加えてふたをし、中火で約4分蒸し焼きにする。ふたをあけ、肉の向きを変えながら水けがなくなるまでさらに2~3分焼く。



おせっかいメモ
白ワインで酸味と風味をつけるとグンとおいしくなります。白ワインがないときは酒で代用してもOKです。

残ったら
骨についた肉をそぎ落として冷凍保存しておき、チャーハンや炒めものに使うとGOOD。

【レタスクラブ編集部】

調理/重信初江 撮影/澤木央子 スタイリング/朴 玲愛

<レタスクラブ19年12月号増刊号より>

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2016 KADOKAWA Corp All Rights Reserved