サイト内
ウェブ

腰肉すっきり!腰まわりをほぐす「筋トレ前ストレッチ」

  • 2018年7月4日
  • Life & Aging Report

腰周辺の筋肉は、日常生活で動かしにくく使われにくいもの。そのため腰は、脂肪がつきやすいパーツです。また、脂肪がつくととれにくいので、隠すためにゆったりとしたファッションになりがちです。

筋トレをする前に、まずは腰周辺の筋肉をほぐしましょう。

今回は、日本ウォーキングセラピスト協会代表理事の筆者が、腰を動かしやすくするためのエクササイズをご紹介します。

■腰周りスッキリエクササイズ

腰が動かしやすくなると、自然と周辺筋肉も使われるようになります。

両足をそろえて立ちます。両ひざをしっかりとつけて曲げ、腰を落とします。この時、内ももに力を入れて立ち、ひざがつま先よりも出ないようにしましょう

(1)両足をそろえて立ちます。両ひざをしっかりとつけて曲げ、腰を落とします。この時、内ももに力を入れて立ち、ひざがつま先よりも前に出ないようにしましょう。

両手を腰の位置にあて、腰を前に出します。この時、肩と腰を近づけるイメージで、腹筋で腰をひきよせます

(2)両手を腰の位置にあて、腰を前に出します。この時、肩と腰を近づけるイメージで、腹筋で腰をひきよせます。

腰を後ろにそらします。背中の筋肉で腰を引き上げるイメージで行います。上半身はなるべく動かさないようにしましょう。

(3)(2)の状態から腰を後ろにそらします。背中の筋肉で腰を引き上げるイメージで行います。上半身はなるべく動かさないようにしましょう。

(2)(3)をリズミカルに、30回行います。骨盤を前後に大きく揺らすように意識してください。両足を閉じることにより、内ももから腰の内側にかけての筋肉が使われます。

腰が動かしやすくなると歩幅も広くなり、日常のウォーキングからも筋肉に働きかけることができるようになります。

また、日常で習慣化された猫背などの悪い姿勢も、腰周りにお肉がたまりやすい原因の1つといえますので、あわせて正しい姿勢をとることも意識するように心がけましょう。

(日本ウォーキングセラピスト協会代表理事 長坂靖子
10代でミス日本、準ミスワールド日本代表選出。モデル活動を経てウォーキング講師となる。出産を機に健康ウォーキング、ストレッチ講座を展開。「姿勢力」等著書多数。美容番組MC等活動は多岐に及ぶ。)

【関連記事】
・足首が太くなる!?ズルズル歩きにぺたんこ靴…NG習慣5つ
・猫背でポッコリお腹に!?今すぐやめたい「NG姿勢」5つ
・ぽっこりお腹を解消!寝たまま「お腹痩せヨガポーズ」
・たったの3分!すっきり痩せ見えが叶う「二の腕エクサ」

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C) 2020 Life & Aging Report. All Rights Reserved.