サイト内
ウェブ

抗老化には“蒸す”が◎!プロ伝授の「サツマイモの食べ方」

  • 2017年10月12日
  • Life & Aging Report

10月13日はサツマイモの日だそうです。サツマイモの美味しい季節になりましたね。蒸かしても焼いても美味しいサツマイモ。糖質の多いイメージがありますが、食物繊維も豊富なため、糖の吸収が穏やかなイモ類です。

さらに、アンチエイジングに欠かせないビタミンCやポリフェノールも含まれた優れもの! アンチエイジングに役立つサツマイモの食べ方と、選び方をご紹介します。

■サツマイモがアンチエイジング食材な理由3つ

(1)ビタミンCがリンゴの5倍

加熱に弱く、フレッシュな野菜や果物に多く含まれると思われがちなビタミンCですが、サツマイモのビタミンC含有量はリンゴの5倍!

しかもサツマイモのビタミンCは、デンプンに包まれているため加熱に強く、調理しても壊れにくいのが特徴です。焼いても蒸かしても、ビタミンCの含有量は生の状態とさほど変わらないのだそうです。

(2)食物繊維が豊富

サツマイモは、食物繊維が豊富なことでも有名ですね。サツマイモに含まれる食物繊維は、不溶性食物繊維が多いため、腸内で水分を含んで数十倍にふくらみ、便のカサを増してスムーズな排出をうながします。

ですから、小食で便秘がちな方におすすめの食材です。ただしお腹にガスが溜まりやすく、お腹がハリやすい方は食べ過ぎに注意しましょう。

(3)抗酸化がトップクラス

サツマイモは他のイモ類と比べ、ビタミンC、β-カロテン、ビタミンEなどの含有量が高く、抗酸化力がトップクラスのアンチエイジングなイモ類です。

■アンチエイジングのためのサツマイモの選び方・食べ方

「紫芋」を選べば抗酸化力アップ

抗酸化力の強いサツマイモですが、さらにアンチエイジングに力を入れたいなら紫芋を選びましょう。他のサツマイモの約10倍の抗酸化力があるとわかっています。

「蒸して」食べればβ-カロテンも減らない

ビタミンCの含有量は、焼いても蒸してもさほど変わりませんが、β-カロテンは焼くことで減ってしまいます。サツマイモは蒸かすが正解!

寒さが増すごとに甘味が増して美味しくなるサツマイモ。毎日の食生活に取り入れて、「食べてキレイ」を実践したいですね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ)

【関連記事】
・ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
・その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
・“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
・見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

【参考】
※成分情報 さつまいも – わかさ生活
※サツマイモの栄養機能成分と焼き芋の美味しい焼き方理論 – 日本いも類研究会
※有色サツマイモのDPPHラジカル消去能とORAC(活性酸素吸収能) – 日本食品科学工学会誌

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C) 2017 Life & Aging Report. All Rights Reserved.