サイト内
ウェブ

バレンタインにはこれ!「チョコレート」によく合うお酒4選

  • 2017年2月10日
  • Life & Aging Report

バレンタインデーには、好意のある相手だけでなく、日ごろからお世話になっている人などにもチョコレートを贈ります。でも、なかにはチョコレートだけでは味気ないという方や、みんなと同じものはあげたくないと思っている方もいるでしょう。そんなときにお酒などを添えると、いっそう喜ばれるかもしれません。今回は、料理研究家に筆者が、「チョコレートによく合うお酒」をご紹介します。


■1:ビターテイストが「ビール」の苦みにも合う

ビールは揚げものなどの、油の多いおつまみと相性がいいですね。チョコレートも油が多い食べものです。食べて口にまったりとした甘さが広がったときに、ビールを飲むとスッキリ。爽快感がクセになります。ビターチョコレートであれば、苦みがビールとも合いますね。


■2:甘いものには甘口の、ビターには辛口の「ワイン」を

ワインは、同じ風味を持つ料理と相性がいいといわれています。さっぱりとした味には軽いもの、こってりとした味には重めといった具合です。それにのっとって選ぶなら、甘いチョコレートには甘口を、ビターなものには辛口を合わせるといいでしょう。


■3:苦みや香りが似ている「ウイスキー」も

チョコレートとウイスキーは、苦みや香りなど共通点が多いといわれています。ですから、一緒に口に入れても違和感はなく、相性もいいと感じます。チョコレートを食べて、口のなかにほんのり風味が残っているところにウイスキーを含むと、鼻に抜けていく香りとともに豊かな余韻が楽しめます。


■4:「日本酒」のスッキリとした甘さもよく合う

チョコレートは日本酒との相性もいいものです。ウイスキーボンボンがあるように、日本酒入りのチョコレートもあるほど。日本酒の品のいいスッキリとした甘さが、コクのあるチョコレートの味を引き立てます。


いかがでしたか? お酒好きな人はあまり甘いものを受けつけないと、昔はいわれていましたが、最近ではそんな話も聞かなくなりました。偏見を捨てて試してみれば、意外にいけると感じるはず。ぜひ、お勧めしてみてください。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
・美容に◎!くるみを使ったビューティレシピ2つと選び方

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C) 2022 Life & Aging Report. All Rights Reserved.