サイト内
ウェブ

香りが気になる人へ!柔軟剤ナシでふんわりお洗濯する方法

  • 2016年6月21日
  • Life & Aging Report

スーパーやドラッグストアの洗濯用品コーナーでは、本当に色々な香りの洗剤や柔軟剤が売っていますよね。いい香りがするのはいいことなのですが、お気に入りの香水と混ざるのが気になったり、そもそも香りが無い方が好きだったり…という無香料派の方も、実は意外と少なくないのでは? そこで今回は、ホリスティックセルフケア・インストラクターの筆者が、「無香の柔軟剤」として代用できるアイテムと、その使い方をご紹介します。

■柔軟剤の代わりに使うのは…「グリセリン」!

グリセリンとは、化粧水を手作りする時などに使う、保湿剤のこと。ドラッグストアやネットショップでも簡単に買うことができます。柔軟剤の代わりにコレを洗濯の仕上げに使うことで、衣類の繊維に保湿成分が入りこみ、しっとりふんわりと仕上げてくれるんです。筆者が現在愛用しているのは、植物性のグリセリンです。

20160620ono04

■使い方はカンタン!柔軟剤をグリセリンに置きかえればOK

使用する時は、普段と同じように洗剤用ポケットに洗剤を入れ、柔軟剤用のポケットに、大さじ1杯程度のグリセリンを入れればOK。洗濯物の量によって、お好みの量を見つけてみてください。

グリセリンを使うときに注意したいポイント

グリセリンを代用する際、生地に特に制限はありませんが、グリセリン自体に洗浄成分は無いので、柔軟剤入り洗剤の代用として使うことはできません。

いかがでしたか? 柔軟剤を単品で使っているご家庭は、置き換えとして、手作り化粧水の保湿剤としても使われるグリセリンをぜひ活用してみてくださいね。
(ホリスティックセルフケア・インストラクター 尾野真美子)

【関連記事】
・家にあるもので簡単!「ヘアブラシ・くし」掃除方法3つ

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C) 2020 Life & Aging Report. All Rights Reserved.