サイト内
ウェブ

玄関収納アイデア50選 “おうちの顔”をすっきり片づけて運気もUP!

  • 2017年9月11日
  • 暮らしニスタ

“おうちの顔”玄関がキレイに整理されているかそうでないかによって、家の印象はガラリと変わるもの。美しく整頓されていたら、帰宅するたびにほっと心が安らぎますし、お客さんにはすがすがしい気持ちを与えることができます。 そこで今回は、靴やスリッパ、傘、小物などの収納方法を幅広くご紹介! 各ご家庭のベストな方法を取り入れ、ほれぼれするような美玄関を目指しましょう♪

■靴の玄関収納

■つっぱり棒1本で2倍になる靴収納

下駄箱の1段の縦幅が広く、靴上部にデッドスペースができてしまうなら、つっぱり棒がお役立ち。片方の靴の上につっぱり棒を渡し、その上にもう片方を引っ掛けて収納を。空いているスペースを有効に活用できるだけでなく、靴の収納量が2倍にアップ! もう玄関に靴を出しっぱなしにしなくてもすみますね。

■DIYで子供の靴収納

玄関の少しだけ空いたスペースを活用し、木材を使って子ども用のシューズボックスをDIY。小さな子どもの靴なら、奥行きも幅もとりません。また、玄関ドアの上にも、棚受けの金具と板でカンタンな棚を設置。長靴やブーツなど場所をとる靴の定位置にしています。

■100均プラスチックボックスで収納

子どもの外遊び用の靴の収納に、100均のプラスチックボックスが大活躍! 形やサイズのバリエーションが豊富なので、靴のサイズに合ったものをチョイスできますし、なにより汚れたときにさっと洗えるのが便利! 汚れがひどい場合は、安いので思い切って買い換えるのもおすすめです。

■ぺたんこ靴の収納

バレエシューズなどの高さのない靴を、100均のプラスチックかごに立てて収納するアイデア。一つのかごに2、3足収まるので、省スペースになります。靴の大きさに合った高さのかごを選べば、かごごと倒れる心配もなく、出し入れもスムーズです。

■100均シューズケースで収納

靴の数が多く、玄関がごちゃつきがちなら、頻繁に履かない靴はシューズケースに入れてクローゼットなどに保管するのも手。キャンドゥのケースは、半透明で中身が一目瞭然。さらに前開きなので、重ねて収納しても上のものをどかすことなく必要な靴を取り出せてオススメです。

■サイズアウトした靴の保管

サイズアウトした靴を下の子へのおさがり用として保管しておきたいけど、スペースを取るのは困る……という人におすすめがこちらのアイデア。無印良品の「ダンボールファイルボックス・ハーフ」に一足ずつ保管するだけ。安価なので汚れたら手軽に取り替えられるのもいいですね。

■ダイソーの靴収納ケースで

下駄箱1段に2倍の靴を収納するために、ダイソーのシューズケースを活用。使用頻度の低い靴はケースにしまって棚に収納し、ケースの上にいつも履く靴をしまうだけ。すぐにマネできるアイデアです。

■靴収納のコツ

下駄箱の棚板を増やして低いスペースで収納するときは、100均のトレーに靴を乗せてトレーごと下駄箱に。これで棚板が低くても靴の出し入れがスムーズになります。靴底の汚れが落ちても、トレーを払えばOKなので、掃除もとってもラクチンに。

■デッドスペースゼロ収納

下駄箱のデッドスペースをムダなく活用する数々の収納テクをご紹介。扉裏にタオル掛けを取り付けてスリッパを収納したり、扉裏に引っ掛けたウォールポケットにビーチサンダルを収納したり。下駄箱下のデッドスペースには、キャスター付き収納棚を設置。すぐにマネできるアイデアがいっぱいです。

■靴の向きを工夫して

限られたスペースに一足でも多く収納するには、靴の向きを左右互い違いにして下駄箱に収めるのが◎! ささいな工夫ですが、これによって無駄なスペースがぐっと少なくなります。また、収納上手になるためには、ムダなものを持たないことも大切。「この靴を履いて30分以上電車に乗れるか」「来客用として履いていけるか」を基準に、手元に残すかどうかを判断してみては?

https://kurashinista.jp/feature/detail/546

■ブーツの玄関収納

■吊るす収納

床置きするとくしゃっと型崩れしてしまうブーツは、ピンチ付きハンガーを使って吊るして収納すると見た目にキレイ。ハンガーをかける場所は、玄関収納の中に突っ張り棒を設置するなどして確保して。ブーツ下にすのこなどを置き、床の汚れを防ぐのもポイント。

■収納ボックスを手作りして

段ボールに好きな壁紙を貼っただけのお手軽収納ボックスを手作り。立てた状態のロングブーツにすっぽりかぶせて一つにまとめることができるだけでなく、玄関に直置きした灯油缶の目隠しにも役立ちます。壁紙はシンプルなデザインのものにすると清潔な印象に。

https://kurashinista.jp/feature/detail/776

■スリッパの玄関収納

■突っ張り棒で収納

玄関にスリッパ収納ラックを置くスペースがないなら、靴箱のデッドスペースを活用して。扉の内側にシールタイプのフックを貼って突っ張り棒を通せば、あっという間にスリッパ収納スペースの出来上がり! スリッパの大きさに合わせて、取り付ける位置を決めましょう。

■スリムスリッパラックをDIY

理想通りのスリッパラックがなかなか見付からないなら、100均アイテムを使って自作してはいかが? パンチングボード、焼き網、結束バンドさえあれば、土台はすぐに完成。ブリキナンバーボードなどを使ってアレンジを施せば、見た目もステキ!

■ニトリのカゴを使って収納

ニトリのリングハンドル バスケットは、床にそのまま置いてもすっとなじむナチュラルな色合い。スリッパの収納に活用すれば、玄関がすっきりと洗練された印象になります。スリッパを重ねてそのままいれるだけでOKなので使い勝手も抜群です。

■多機能スリッパラックをDIY

家族の人数分のスリッパがちょうど収まるラックがほしいなら、100均アイテムを使って手作りがおすすめ! ウッドボックスとすのこ、焼き網、ベルトで基盤を固め、シャンプーハットやビー玉で個性を加えたスリッパラックなら愛着もひとしおです。

■セリアで作るスリッパラック

100均の木箱にウッドフェンスを接着剤でくっつけるだけのシンプルなスリッパラック。DIYが苦手な人でも簡単に作れます。スリッパをフェンスに引っ掛けるほか、木箱にすぽっと収めることもできるので、小さくてもかなりの数を片付けられます。

■傘の玄関収納

■下駄箱の扉裏を利用

下駄箱の裏扉にタオルバーを装着すれば、傘の収納にとっても便利です。帰宅直後の濡れた傘は、壁に取り付けたIKEAのフック(BJARNUM)にいったんかけて水を切るようにすれば、下駄箱の中に湿気が溜まることがありません。

■浮かせる収納

玄関から傘立てを排除すると、見た目にスッキリするだけでなく土間の掃き掃除もとっても楽。玄関の壁にハンガーパイプかタオルハンガーを設置して引っ掛けて収納することで、掃除の手間を減らしましょう。来客があるときのみ、コンパクトサイズの傘立てを出しておくのもポイント。

■「壁美人」が使える!

傘、鍵、子どもの通園グッズなど玄関に置いておきたいものをまとめて収納するには、ワイヤーラティス×フックの組み合わせが便利。ホッチキスで壁に収納できる「壁美人」を利用すれば、壁面を傷つけることなく収納スペースを設けることができます。

■100均つっぱり棒で収納

下駄箱の空きスペースの手前と奥に1本ずつつっぱり棒をセットすれば、その上に折り畳み傘を収納できます。出し入れもラクラク! 横幅がある下駄箱なら複数本の収納もOKなので、夏場には折り畳みの日傘などもここに収納するといいですね。

■鍵の玄関収納

■男前キーボックスをDIY

100均の木製ボックスに木材とノブでフタをつけ、キーボックスを手作り。木材をペイントして、ナンバープレートをつければ男前でスタイリッシュな雰囲気に仕上がり、置くだけで玄関をかっこよく演出してくれます。家族の人数分のボックスを作れば、それぞれの鍵が混在せず、使いやすさバツグン!

■靴箱の扉裏に

すぐ出掛けなきゃいけないときに限って「鍵がない!」と焦ることがないよう、家の鍵の収納場所はきちんと決めておくのがベスト。でも新たに収納スペースを設けるのは難しい……という人におすすめがこちらのアイデア。下駄箱の扉裏にシールタイプのフックを取り付け、そこに鍵をひっかけるだけ!

■3タイプ鍵収納

「一人ひとりにとってベスト」な収納方法を追及した結果、家族それぞれが別々の方法で鍵を収納するのもあり! 鍵を引っ掛けるためのフック、しまうための箱、くっつけるためのマグネット、と3種類用意しておけば、好きなところに収納することができます。

■子供のおもちゃの玄関収納

■収納ボックスをDIY

ボールやフリスビー、なわとびなどの外遊びグッズをまとめて収納したいときは、段ボール箱で作った収納ボックスが役立ちます。段ボール底に100均のローラーを4個取り付ければ移動もラクラク。側面には好きな紙や布を貼って、見た目もグッドな収納ボックスに☆

■ほうきや掃除道具の玄関収納

■靴箱の扉裏を活用

下駄箱の扉裏にシールタイプのフックを取り付け、ちりとりとほうきを引っ掛けて収納。さらに、反対側の扉にもフックを取り付け、ゴミ箱代わりの紙袋を引っ掛けます。掃除をしたいときに、サッと一式が取り出せるので便利♪ 玄関を掃いて出たゴミは紙袋に捨てて、貯まってきたらまとめてポイ!

■お出かけ時の小物を玄関収納

■カゴに仕分け収納

お出かけ準備の「最後の仕上げ」とでもいうべき日傘やマフラー、手袋、マスクなどは、玄関にしまっておけば、忘れることがなく便利です。一つひとつのアイテムをカゴに仕分けして棚に収納することで、使い勝手のいい玄関収納に。

■手作り収納ボックス

高さ31cm、横幅70cm、奥行き15cmのスリムな収納ボックスを作って、玄関に設置。子どもの通園帽子やママの授業参観用上履きなど、高さのあるものでもスポッとしまえるサイズ感が◎! それでいて、ジャマにならない大きさがいいですね。作る時は、しまいたいものや家の玄関スペースに合わせて調整を。

■ラックを使った玄関収納

■下駄箱の隙間収納

100均の吊り下げタイプのラックを下駄箱の中に設置して、その上にバレエシューズやレインパンプスなどの高さのない靴を収納するアイデア。通気性がよいので靴を清潔に保てるのもうれしいですね。

■ディッシュラックを活用

ニトリのディッシュラックを玄関の土間に設置。脱いだ靴をラックの上に置く習慣をつければ、脱ぎ散らかすこともなくなり、“すっきり見え”します。しかも、通気性がいいので、雨の日に濡れた靴が乾きやすくなるし、玄関の掃除もラクになるというメリットも☆

■つっぱり棒を使った玄関収納

■冬小物を収納

冬場に大活躍するのが、玄関スペースに縦に設置したつっぱり棒。手袋やニット帽などの雪に濡れたアイテムをさっと取り外して収納すれば、乾きやすい上、翌朝も玄関で装着してそのまま出かけられます。

■上着の収納に

玄関の空きスペースに横向きに突っ張り棒を設置すれば、ハンガーにかけた上着を引っ掛けておくのに便利です。また、フックを利用すれば通園カバンやなわとびも収納できますし、低い位置に設置すれば傘かけにも。使い勝手バツグンです。

■靴箱の収納スペースアップに

下駄箱内の高さのある段に突っ張り棒を横向きに設置すれば、靴の収納スペースが2倍にアップ。高さのないフラットシューズなら2段にわけていれることができます。ただし、下の段に収納した靴に泥がかからないよう、収納前に靴底をはらうのをお忘れなく。

■突っ張り棒で整理整頓

下駄箱の下は、掃除用具や自転車の空気入れなどを収納するのにぴったりですが、上手に工夫しないと置いてあるものが崩れてきたりして、かえって散らかった印象に。そこでおすすめなのがつっぱり棒。手前に一本設置するだけで、奥に収納したもののストッパーになり、整頓されて見えます。

■すのこを使った玄関収納

■すのこも使ってDIY

下駄箱横の空きスペースは、傘などの小物を収納するのに最適なスペース。でも、むきだしのままだとゴチャついて見えることも。そこで、つっぱり棒に結束バンドですのこを取り付け、傘の手前に設置して目隠しに。ウェルカムボードを引っ掛けたり、グリーンを飾ったりすることもでき、玄関インテリアとしてもGOODです♪

■ワイヤーネットを使った玄関収納

■マルチ収納ボックスをDIY

100均のワイヤーネットとユースハンガー(穴あきストールハンガー)を結束バンドで組み合わせて、シンプルで飽きのこないデザインの傘立てに! さらにお好みで取っ手をつければ持ち運びにも便利だし、かごをつければグリーンなどを飾ることもできます。

■小物収納ラックをDIY

玄関の壁の木枠につっぱり棒を渡し、フック付きのワイヤーネットを引っ掛ければ、あっという間に収納スペースが出現。鍵やメガネなど、出掛けるときに使うものをひっかけておけるよう、S字フックなどをプラスすると便利。

■デッドスペース活用

下駄箱の中のデッドスペースを有効に使うためには、ワイヤーネットとつっぱり棒の両方を駆使するのがオススメ。家族みんなの靴や外遊び用のおもちゃなど、収納するものの量やサイズに合わせて、設置する位置や向きを変えると使いやすさがアップ! ムダなスペースもなくなりますね。

■ベンチ・椅子を使った玄関収納

■椅子の下に靴収納

玄関スペースの床や壁と相性のいい色味の椅子を置けば、玄関が洗練された印象に早変わり。靴を履きやすい高さのものをチョイスして、座って靴の脱ぎ履きをすれば気持ちよく過ごせます。出しておく靴も、椅子の下に収納すれば見た目にもすっきり。

■玄関収納のDIY

■マグネットタイプの傘立て

玄関に置いた傘立てが玄関スペースを狭くしているなら、壁にくっつけるマグネットタイプの傘立てに切り替えるのがおすすめ。コンパクトなサイズながら結構な本数でも収納可能なので、玄関スペースに一気に余裕が生まれます。

■100均アイテムでDIY

子どものスニーカーを収納する棚、外遊び用のおもちゃを収納するボックスは、どちらも100均グッズで簡単に作れます。棚は、すのこ5枚をペイントして作った棚を縦に2つ重ねて留めれば完成。目隠しにジュートの布をかけるとグッド! ボックスはすのこ5枚を箱型に組み合わせるだけ。狭いスペースにもぴったりです。

■玄関隙間にスリム収納DIY

玄関ドア横のちょっとしたスペースもムダにしないDIYアイデア。隙間のサイズを測って、ぴったり収まる棚を手作りしています。ハンカチやティッシュ、鍵など小物を収納するのに便利。

■飾れる収納棚DIY

玄関に使いにくいデッドスペースがあるなら、サイズを合わせた棚を作ってしまうのも一つの手! 雑貨を飾るスペースを設けたり、鏡を扉として利用したり、使いやすくカスタマイズできるのが手作りのいいところ。玄関の雰囲気に合わせて、ペイントなども施せば、大満足の収納になるはず♪

■テーブル脚でDIY

引っ越しや模様替えなどで不要になった家具やインテリアグッズがあるなら、思い切ってリメイクして玄関収納にいかすのもアリ。小さな飾り棚なら、少しアレンジを加えてぴったりのサイズにするだけで、玄関のおしゃれと収納の両方を楽しめるはず。

■犬のお散歩グッズ収納

わんちゃんと一緒に暮らしているなら、玄関にお散歩グッズ収納スペースを設置すると生活の動線がスムーズになります。リード掛けはディッシュスタンド、首輪収納は余っている端材を使って作成。マナー袋のストックケースは100均のトレーとプラバンで作れます。

■キャスター付き収納ボックスをDIY

下駄箱下のデッドスペースを有効に活用したいなら、しまったものを簡単に出し入れできるキャスター付きの収納ボックスを作ってはいかが? 100均のすのこ、ウッディスクエアボックス、キャスターを組み合わせるだけで簡単に作れます。

https://kurashinista.jp/feature/detail/1462

■まだまだある!玄関収納アイデア

■ランドセル収納

子どもに収納の習慣をつけさせるためにも、通園・通学グッズの置き場所はきちんと決めるのがベスト。特に、毎日使うランドセルを玄関に置くようにすれば、リビングに置きっぱなし、なんてことも防げます。

■子供の動線に合わせて

出掛けるときに必要なマスクや帽子、自転車の鍵などは、すべて一か所にまとめて収納するととっても便利。玄関を入ってすぐ目に入る位置にアイアンバーを取り付け、必要なアイテムをS字フックに引っ掛けて収納しておけば、小さな子どもも自分で支度できるようになります。

■マスキングテープで工夫

玄関の土間に靴が散らかっていると、それだけで雑然として見えるもの。とはいえ、子どもはなかなか靴を揃えてくれませんよね。そこで、子どもにもわかりやすい目印を作るのはいかがですか? クッキングシートにマスキングテープを貼り、足型に切り抜いて玄関に貼るだけ。自分だけの靴の置き場所があれば、子どもも自分で靴を揃えてくれるようになります。

■収納場所の定期見直し

玄関のすっきり感をキープし、より使いやすくするには、定期的に収納場所を見直すことが大切。よく使う自転車の鍵や印鑑などは子どもでも手の届く場所に、家具の組み立てなどに使う重たい工具は下段に……と、それぞれのアイテムの使う頻度や使う人を考えて収納場所を決めるのがコツ。使いやすさが何倍にも増します。

https://kurashinista.jp/feature/detail/574
https://kurashinista.jp/feature/detail/774
https://kurashinista.jp/feature/detail/589

靴や傘だけに限らず、様々な側面から収納を見直すことで、玄関の美しさや使い勝手のよさは大きく変わるもの。今のままでも不便じゃないし……という人も、さらに理想的な玄関を目指して、一度収納を見直してみてはいかが?

まとめ/松本玲子

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) 2015 KURASHINISTA All Rights Reserved.