サイト内
ウェブ

100均も活用!カラーボックス用扉(目隠し)の作り方と付け方♪すのこやコルクボードでおしゃれに

  • 2017年5月31日
  • 暮らしニスタ

カラーボックスは収納棚としても便利なアイテム。しかし、中身が丸見えというところが難点…だったりしますよね。そこでオススメなのが「扉付きカラーボックス」。扉を付ければ目隠しをすることができるので、スッキリと見え、お部屋のインテリアの邪魔もしません。好みのものがなかなか見つからないという方や、お安い収納棚がほしいという方、DIYしたいという方などなど、用途やお好みに合わせて、様々な扉を付けたカラーボックスのアイデアを集めました!自宅で眠っていたカラーボックスも大変身のチャンスです。

■100均で!カラーボックスの扉の作り方・付け方


カラーボックスの扉として100均アイテムが大活躍します。まずは定番のフォトフレームとコルクボードを使った基本の扉の作り方・付け方をご紹介。ガラスシートをプラスすることで、こんなにアーティスティックな仕上がりになりますよ。

■材料


【材料】
・カラーボックス:1台
・フォトフレーム(A3):各2個
・コルクボード:各2個
・セリア ガラスシート:3種
・ダイソー ウォーターペイント :1個
・アクリルガッシュ:適量
・廃材:適量
・取っ手:5個
・蝶番:10個

■作り方①カラーボックスを加工する

まずカラーボックス自体をお好みで加工します。廃材を使ってカラーボックスを囲うと、味のある雰囲気に。

■作り方②フォトフレームのフレームを取る

フォトフレームとコルクボードは中を全て取り出して、フレームだけの状態にします。

■作り方③ペイントする

カラーボックスの外側とフレームをペイントします。
※カラーボックスの内側は、扉で隠れるので塗らなくてOKです。

■作り方④ガラスシートで扉を作る

3種類のガラスシートを貼り合わせ、好きな柄をガラスシートに描きます。
フォトフレームの方はクリア板に貼り付け、コルクボードの方はサイズを合わせてカットしたクリアファイルに貼り付けます。
クリア版とクリアファイルをそれぞれフレームに挟みこみます。

■作り方⑤取っ手を付ける

各扉に好きな取っ手を付けます。

■作り方⑥扉を蝶番で取り付けて、完成

カラーボックス本体に、蝶番で扉を取り付けていけば完成です。

作り方の詳細はこちらをご覧くださいね。
http://kurashinista.jp/articles/detail/30605

■すのこでカラーボックスの扉を手作り

■すのこで変わる!おしゃれカラボ収納DIY♪

コンパネをカラーボックスのサイズにカットし、箱型に組み立てたものをカラーボックスに入れ込んだ収納棚。箱の表面のみ、すのこを使います。これなら中身は丸見えになりません。カラーボックスの色に合わせてペンキで塗装し、ステンシルなどで装飾すればおしゃれに変身です。
すのこは100均でも購入できますが、今回はホームセンターで2枚398円のものを使用しました。100均ものに比べ強度が増すので、収納ボックスにはオススメです。すのこボックスを引き出しやすくするために、すのこボックスの下にフェルト傷防止シートを貼っています。

■スッキリ収納DIY!手作りの子供部屋!!

すのこを蝶番で繋げてアコーディオン風に折り畳み、開閉できる扉をつけたアイデア。これなら出入りも広々、スペースも有効活用できますね。扉の足の部分にキャスターをつけているので開閉も楽々片手でできます。子供部屋はおもちゃや絵本など、ゴチャゴチャしがちですが、たっぷり収納できるのではうれしいですね。すのこの扉以外の箇所も余った木材ですのこ状にカットして囲んでいるので統一感も出て、よりスッキリ見えます。

■すのこにバーベキュー網の扉もプラスして

すのこは解体して扉の隙間ができないようにしましょう。すのこだけだと重たい印象になりますが、バーベキュー網と交互に配置することで見た目がスッキリ。男前インテリアにぴったりなカラーボックス収納の完成です。

■100均コルクボードをカラーボックスの扉に

■ほぼ100均で男前なカラーボックス扉

男前インテリア好きにオススメな、コルクボードに縞鋼板を貼って扉にしたカラーボックス。コルクボードは中を取り外し、縞鋼板をそのサイズにカットします。コルクボードの枠もスプレーでシルバーに塗ります。縞鋼板+シルバーの枠でかなり男前な雰囲気に。お好みでステンシルなどを装飾すれば、オリジナル感満載。取手をつけることで開閉も楽々、使いやすくなりますよ。材料はほぼ100均で揃えられるのでリーズナブルなのも嬉しいですね。

■子供部屋にぴったりなカラーボックスの扉

コルクボードはカラーボックスの幅に合わせて縦をカットしてから蝶番で取り付けます。これで扉は完成です。あとはお好みやインテリアに合わせてコルクボードをデコレーションしていくだけ。押しピンの刺さりも良いのでアレンジのしやすさも、魅力の1つです。アクリル絵の具で色を塗り、ステンシルをしたり、布を貼ったりして自分好みのカラーボックスができあがり。コルクボードは軽いので扉の開閉もしやすく、クッション性もあるので転倒防止の点でも安心ですよ。

■セリアアイテムでもカラーボックスの扉

■セリアのウッドサインボードを扉に

セリアのインテリアウッドサインボードを主役に、ナチュラルテイストにリメイクしたカラーボックス。サインボードをはめ込む枠は端材を使ってつくり、隣にナチュラルテイストの目隠しカーテンをチョイス。ハンドルもアンティーク風のものをチョイスしてオシャレに。端材を集めて作った天板をカラーボックスの上に取り付ければ、ぐっとカラーボックス感がなくなります。100均の材料を上手に使って、リーズナブルにお部屋のインテリアに馴染むおしゃれなカラーボックスの完成です。

■セリアのリメイクシートを扉に

真っ白の四角いカラーボックスにペンキを塗り、セリアのリメイクシートを貼ったら一気に男前なカラーボックスに変身!ピッタリサイズのコルクボードで扉を付けたら立派な扉付きボックスになります。コルクボードにもリメイクシートを貼り付けます。木目柄とブルーグレーのペンキのバランスが絶秒で素敵ですね♪カラーボックスの脚は、ホームセンターで購入した鋼製束を黒く塗り取り付けます。アイアンは高くて…という方には鋼製束はオススメ。値段はお手頃でアイアン風の雰囲気が出せますよ。

■セリアのランチョンマットを扉に

よくある一般的な3段のカラーボックスに、セリアのブリキフレームを縦3枚繋げて扉にしたアイデア。扉は観音開きなので、中もよく見え使い勝手もGOOD!カラーボックスは黒にペイントし、ブリキフレームは水性ニス(ウォールナット)で塗ります。このひと手間で落ち着いたかっこいい感じになりますよ。扉にはフレームだけを使い、中にはおしゃれなセリアのランチマットをIN!ランチマットの柄がアクセントになってかわいいです。

■100均にはカラーボックスの扉に使える商品がまだある!

■ダイソー竹製ランチョンマットなら蝶番いらず


竹製ランチョンマットに取っ手を縫い付けます。押しピンでカラーボックスに固定し、固定しない箇所にはマグネットシートを貼れば扉の完成です。工具いらずなのでDIY初心者さんでも簡単に作れちゃいますね。

■ダイソーMDF材+転写シートで


カットがしやすいMDF材は女性でもDIYしやすくおすすめです。カラーボックスのサイズに合わせてMDF材をカットし、転写シートと取っ手をプラス。蝶番でカラーボックスに取り付ければ完成です。DIYなら一部を扉付きにして一部はオープンに、など収納アイテムに合わせられるのもいいですね。

http://kurashinista.jp/feature/detail/584

■ニトリには扉付きのカラーボックスあり!

■100均取っ手とアルファベットでプチリメイク

こちらのカラーボックスはニトリの2ウェイ3ドアボックスという商品。その名の通り縦にも横にも2ウェイで使える優れものです。シンプルなデザインが魅力的。100均の取手とアルファベットを付けて使いやすくおしゃれにプチリメイク。取手があることで開けやすくなるのはもちろん、アクセントになってメリハリも出るのでインテリアとしてもGOODです。

■ランチョンマットとウォールステッカーでかわいく

ニトリのカラーボックスに、ニトリのランチョンマットとセリアのウォールステッカーを乗せる&ペタリ。子供が喜ぶキュートな柄をチョイスすると◎です。

■カーテンでカラーボックスを目隠し

■お好みのカラーのカーテンで目隠し

リビングはスッキリさせたい場所だけど、何かとモノが多く集まりがち。そんなリビングの収納にぴったりなのがこちらのアイデア。枠は板で作り、中にカラーボックスを重ねて収納棚に。収納量も多く、マルチに使えます。目隠しのカーテンはお好みの色柄でOK。押しピンでつけるだけなのでとても簡易的なカーテンですが、中が見えなくなるだけでスッキリとした印象になりますよ。大型の収納棚の場合には圧迫感も出て部屋が狭く見えてしまうこともありますが、カーテンなら圧迫感なく使えます。

■ランチマットと端切れでカーテンを手作り

横置きにしたカラーボックスにカーテンを取り付けたアイデア。突っ張り棒とブックスタンドを使ってレールを作り、カーテンクリップでカーテンを吊るしています。どれも100均で購入できるアイテムですが、アンティーク風でおしゃれな雰囲気に。扉と違って、少しくらいならカラーボックスから中身がはみ出てもカバーできるのもカーテンのいいところ。季節やインテリアに合わせてカーテンの色を変えてみても楽しいですね♪

■まだまだある、カラーボックスの扉アイデア

■扉でアンティーク・キャビネット風に

本当にカラーボックス!?と驚いてしまうほどのクオリティー。収納容量も大きく、これならかなり片付きます。扉はカラーボックスの幅にカットした板を土台に、枠をベニヤ板と工作棒で貼っていきます。アンティーク風取手も同じペンキで塗ると統一感がでますよ。カラーボックス感をなくす一番のポイントは扉の大きさを変えること!これで、よりカラーボックス感がなくなります。本格DIYですが、低コストでこのクオリティーは嬉しいですね。

■扉をつけておままごとキッチンに

カラーボックスを土台に飾り棚などもつけて作った子供キッチン。とってもかわいいですよね♪すごいところは機能的にもしっかりとしていて、カラーボックスの部分はきちんと収納スペースになっているのです。子供が大きくなってキッチンとして使わなくなっても、収納棚として使えます。扉はコンパネを使用。カラーボックスの脚にはキャスターが付いているので、本など重いものを収納しても楽々動かせる優れものです。

■板1枚でカラーボックスの扉

一見、どれがカラーボックスか分からないほど、インテリアに馴染んでいます。扉はカラーボックスのサイズにカットした板にオイルステインで塗装します。いい感じに木目調が出てオシャレな雰囲気に◎そこに取手を付けて、蝶番で取り付けたらできあがりです。あとはお好みでステンシルをしたりリメイクシートを貼ったりしてオリジナリティーを楽しめますよ。扉を付けることで生活感のあるものを一気に隠せる収納に。

■扉でアンティーク風ロッカーに

インテリアに馴染むおしゃれなアンティーク風ロッカー。まるで本物のアンティーク家具のような出来栄えです。ポイントはカラーボックス感をなくすために脚をつけていることと、アンティーク感を出すためにペンキを塗った後、剥がしたいところにBRIWAXを塗っておくことです。扉は合板をカラーボックスのサイズにカットして、工作棒で装飾しています。カラーボックスの天板、側面にも合板を取り付けているので見た目の良さだけでなく強度もUPします。

■100均バーベキュー網を扉に

バーベキュー網を使うという面白いアイデア。網のサイズがカラーボックスにあっているので、コードフックで取り付けるだけの超簡単、低コストで出来るDIYです。網をそのままでも男前な雰囲気になりますが、網に包装紙やポスターなどお好みのもので装飾すると自分好みのおしゃれな扉を楽しめますよ♪マグネットもくっつくので、ちょっとしたメモなど挟んだりお好きなマグネットを貼り付けたりしても◎

http://kurashinista.jp/feature/detail/608
http://kurashinista.jp/feature/detail/1498

カラーボックスに扉を付けるアイデア、いかがでしたか?オリジナルの扉を付けるとそれだけで愛着も湧いてくるものですよ♪自宅で眠っているカラーボックスがあるという方や収納棚に困っているという方はぜひ参考にしてみてくださいね。
まとめ/こいけ もえ

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) 2015 KURASHINISTA All Rights Reserved.