サイト内
ウェブ

日本人の高い健康度 国際比較でトップに

  • 2020年1月15日
  • ケータイ家庭の医学SP

日本のシニアは若い

年齢とともに体力の衰えを感じやすくなっていませんか? さまざまな病気にかかるリスクも高くなり、年をとることに不安を抱く人も多いでしょう。ところが、日本人は世界の中では高齢になってもかなり健康度が高いことがわかりました。

◆米国ワシントン大学の保健指標評価研究所(IHME)の研究員を中心とする国際研究チームが、「世界平均の65歳と同等の健康度」の年齢を算出して195カ国を比較した結果、最も高い国は日本で76.1歳、最も低い国はパプアニューギニアで45.6歳、実に30歳ものギャップがあることがわかりました。

◆今回の研究は、同研究所が1990〜2017年に世界195カ国を対象に行った「疾患による経済負荷」の調査結果をもとにしています。この調査結果のうち、25歳以上の人を選び、健康度に影響を及ぼす疾患の中から、心筋梗塞、狭心症、脳出血、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの92疾患を「加齢に関連する疾患」としました。

◆これら92疾患が健康度に及ぼす影響を、障害調整生命年(DALY)という、病気や障害、早死により失われた健康的な生活の年数に基づく指標を使って算出。さらに世界平均の65歳のDALYに到達する年齢を国別に算出して、健康度を比較しました。

▽▼▽ 次ページでは 世界の健康度について など▽▼▽

(監修:目黒西口クリニック院長 南雲久美子)◆算出された年齢が65歳よりも高ければ、その国の健康水準は世界平均よりも高く、65歳より低ければ、世界平均よりも低いということになります。

◆日本に次ぐ国々は、スイス(76.1歳)、フランス(76.0歳)、シンガポール(76.0歳)、クウェート(75.3歳)、韓国(75.1歳)、スペイン(75.1歳)、イタリア(74.8歳)、プエルトリコ(74.6歳)、ペルー(74.3歳)など。

◆一方、低い国でパプアニューギニアに次ぐのは、マーシャル諸島(51.0歳)、アフガニスタン(51.6歳)、バヌアツ(52.2歳)、ソロモン諸島(53.4歳)、中央アフリカ共和国(53.6歳)、レソト(53.6歳)、キリバス(54.2歳)、ギニアビサウ(54.5歳)、ミクロネシア連邦(55.0歳)でした。

◆研究グループがDALYを用いた理由は、人口の高齢化を評価するには、寿命の長さだけでなく、健康な状態であるかどうかを含めて検討する必要がある、との考えにもとづいています。

◆また、この研究からは、1990〜2017年の間に、世界全体に健康度が上がっていることもわかりました。特に経済的に豊かな国で大きく上昇している傾向がみられました。

◆健康度の比較で上位を占めた国では、どんな要因によって健康度が悪化するのを防ぐことができたのか、たとえば、高い身体活動性、低い喫煙率、医療や介護サービスへのアクセスのしやすさなどは貢献しているのか。その解明で、高齢化が社会に与える負担を低減させる方法が明らかになるだろうと、研究グループは指摘しています。

(監修:目黒西口クリニック院長 南雲久美子)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
© 2020保健同人社All Rights Reserved.