サイト内
ウェブ

Vol.9 ふらりふらり〜お寺のななめ散歩@奈良その2

  • 2015年9月29日

 前回に引き続き、8月末、母校での仕事と卒業30周年同窓会に出席するために奈良を訪ねた二泊三日の旅の続編をお届けします。

 仕事をのぞくと正味一日分の自由時間でしたが、自分の好きな、気の向くものだけに焦点を絞れば、けっこう楽しめるものだと実感しました。

 要するに『欲張らない』こと。

 無欲、とは違います。

 欲求を整理して、ほんとに好きなものや人を大切にするために、限りある時間を使いたいと、最近思うようになりました。

 そんな写真日記におつきあいくださいね。

 まずはやっぱり母校から。

奈良女子大学正門。背景はNHK朝ドラ『ごちそうさん』の舞台にもなった記念館です。
奈良女子大学正門。背景はNHK朝ドラ『ごちそうさん』の舞台にもなった記念館です。

近鉄奈良駅からの通学路に気になる写真館発見(笑)
近鉄奈良駅からの通学路に
気になる写真館発見(笑)

 二月堂では『言葉のやさしさ』を改めて感じました。

「お水取り」で有名なお寺ならではの湧き水と風になびくタオルにホッとする瞬間。ひらがなっていい。
「お水取り」で有名なお寺ならではの湧き水と風になびくタオルにホッとする瞬間。
ひらがなっていい。
手書きでかかれた文字と、促すような言葉選び。外国の人にこの感じ伝わるといいな、と思います。
手書きでかかれた文字と、促すような言葉選び。外国の人にこの感じ伝わるといいな、と思います。

 もちろん、二月堂はたくさんの重要文化財を有しますが、魅かれたのはこちら。

大廊下の天井下にかけられた60cm程の絵。近づくと…
大廊下の天井下にかけられた60cm程の絵。
近づくと…

なんとかわいい、ブルーとおしゃかさま(?)の微笑み!
なんとかわいい、ブルーと
おしゃかさま(?)の微笑み!

 私は歴史が(も)苦手で、魅かれたわりに絵の名前も意味も、未だ知らないのですが、これを見にまた二月堂に行きたいな、と思っています。

 二月堂から東大寺へ行く途中に東大寺鐘楼(しょうろう)があります。

 タクシーの運転手さんが「大仏さんを創った時に余った鉄でこさえた釣り鐘」とおっしゃっていましたが、余ったと言ってもこの量!(笑)

鐘に吸い寄せられそうな私の体…。
鐘に吸い寄せられそうな私の体…。

 東大寺に行ってみました。閉門が17時半で、今17時5分。

 でもあきらめないで。

まだ空は明るいのに人はまばら。本来の広々とした空間を楽しめます。ラッキー!
まだ空は明るいのに人はまばら。本来の広々とした空間を楽しめます。ラッキー!
「良く来ましたね」と微笑むような大仏さま。
「良く来ましたね」と微笑むような大仏さま。

 でも、今回はこの角度からの大仏さまが一層素敵。

背中側からの大仏さま。ここを訪れた者だけが実感する仏さまの憂いや空気の陰影を感じる事ができます。
背中側からの大仏さま。
ここを訪れた者だけが実感する仏さまの憂いや空気の陰影を感じる事ができます。
実物の大仏さまの手と比べて。ほんとに掌に転がされてる実感が。
実物の大仏さまの手と比べて。ほんとに掌に転がされてる実感が。

 閉門前の拝観もおすすめです。日中の観光客の波がひいた夕暮れ、静かに悠久の時空に浸ることができますよ。

ホテルのパンフレットで夜のライトアップ観光を知り、夜ごはんの前に見た、幻想的な五重塔。
ホテルのパンフレットで夜のライトアップ観光を知り、夜ごはんの前に見た、幻想的な五重塔。

 大学でのライブではたくさんの先輩後輩に出会うことができました。奈良で4年間学生時代を過ごせて本当に良かったと思えた瞬間でした。

かわいい現役女子大生と。あの頃の私はもっと幼かった気がします。
かわいい現役女子大生と。あの頃の私はもっと幼かった気がします。

 そしてこちらは同窓会で再会した同級生と。県庁前にて警備の方にお願いしたら、快く撮ってくださいました。

気分(だけ)は現役女子大生(笑)
気分(だけ)は現役女子大生(笑)

 県庁の屋上、入れるって知ってました?

 奈良の景色を無料で一望できるんですよ。

 あなた流の楽しみかたでその町の地図を描いていってくださいね♪

空

キーワードからさがす