サイト内
ウェブ
緑のgoo 10th Anniversary 緑のgoo 10th Anniversary

植生分布くっきり=衛星「しきさい」初画像―JAXA

  • 2018年1月12日
  • 時事通信

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12日、昨年12月に打ち上げた気候変動観測衛星「しきさい」の観測センサーが捉えた初の画像を公開した。植生分布を調べる波長で撮影した画像では、常緑樹と落葉樹の違いなどもくっきりと映し出されている。

 しきさいは昨年12月23日に打ち上げられ、可視光や紫外線、赤外線などさまざまな波長で大気や陸海を観測。雲や海氷、大気中の微粒子のほか、森林や農地などの植生分布も高解像度で把握し、温暖化予測の精度向上などに活用する。

 1月1日から6日までの試験撮影では、関東から中部地方にかけての植生を観測。可視光では区別がつかない常緑樹と落葉樹の違いや、房総半島に数多く点在するゴルフ場の芝生などを見分けることができた。 

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) 2018 時事通信社 記事の無断転用を禁じます。