サイト内
ウェブ
緑のgoo 10th Anniversary 緑のgoo 10th Anniversary

東芝、米WH絡みの債務支払い完了=スキャナ電力に2102億円

  • 2018年1月12日
  • 時事通信

 東芝は12日、子会社だった米原発大手ウェスチングハウス(WH)の経営破綻に伴い、米スキャナ電力に対して負っていた債務保証の残額18億6050万ドル(約2102億円)を一括返済したと発表した。既に支払い済みの280億円と合わせ、同電力に絡む保証債務は完済。昨年12月には米サザン電力分も返済しており、WH破綻に伴う債務の支払いは全て完了した。

 WHは、米国でスキャナ電力とサザン電力から計4基の原発建設を受注していたが、昨年3月末に経営破綻したため親会社の東芝に債務保証の義務が生じていた。WH破綻に伴う東芝の支払額は計6505億円に達した。 

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) 2018 時事通信社 記事の無断転用を禁じます。