サイト内
ウェブ

富山市の花 ヒマワリ育てよう、PRへ初事業 西田地方小児童が種まき

  • 2024年6月18日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

ヒマワリの種をまく児童とボランティアのメンバー【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 「富山市ひまわりプロジェクト」が17日、同市布瀬町の神通川緑地右岸で行われ、近くの西田地方小学校の4年生45人がヒマワリの種約2千個をまいた。

 市の花のヒマワリをPRするとともに、子どもたちの郷土愛を育もうと、市が初めて実施した。

 児童は、市緑を育てる推進員のメンバー15人のサポートを受けながら、6千平方メートルの畑に「ジュニアスマイル」と「ハイブリッドサンフラワーNEO」の2種類の種をまいた。大きいもので高さ約1・8メートルまで伸びるという。大丸陽路(ひろ)さん(9)は「大きく育ってほしい。見に来るのが楽しみ」と笑顔を見せた。

 最終的に市の担当者が計6万個の種をまく。8月のお盆ごろに満開を迎え、8月末まで楽しめるという。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ