サイト内
ウェブ

明治の民話に親しんで 小浜市で当時の教科書紹介

  • 2024年6月14日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

明治時代の教科書に掲載された民話やおとぎ話を紹介するパネル展=6月12日、福井県小浜市の県立若狭図書学習センター【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 明治時代初等教育の尋常小の教科書に掲載された民話などを紹介する「さるかにイソップシンデレラ〜明治の子どもたちが学んだ物語〜」が6月12日、小浜市の県立若狭図書学習センターで始まった。外国の童話などを日本風にアレンジした教科書を紹介したパネルや複製約40点が並ぶ。23日まで。

 坂井市の県教育博物館による嶺南出張展示。小説家で評論家の坪内逍遙(しょうよう)(1859〜1935年)著の国語教科書「おしん物語」は県内でも使われていた。ドイツの民話「シンデレラ」を日本風に編さんし、ガラスの靴のサイズを、扇子の図柄に置き換えている。

 道徳を伝える「ずるいキツネ」では、ギリシャの寓話(ぐうわ)作家イソップが作った「イソップ童話」が採用されていた。イソップ童話で登場するネコとキツネではなく、ネコとサルが登場するなどアレンジされて掲載されていることを紹介している。

 16日午前11時と午後2時からの2回に分け、同博物館職員によるギャラリートークもある。入場無料。17日は休館日。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ