サイト内
ウェブ

鮮やかな朱色の打木かぼちゃ JA金沢市で初出荷

  • 2024年6月1日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

初出荷された打木赤皮甘栗かぼちゃ=金沢市下安原町【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 加賀野菜の一つ「打木(うつぎ)赤皮甘栗(あかがわあまぐり)かぼちゃ」の出荷が31日、金沢市下安原町のJA金沢市砂丘地集出荷場で始まり、朱色の鮮やかなカボチャ約325キロが箱詰めされ、県内の市場に届けられた。1日昼にも店頭に並ぶ。

 今季は生産者3人がハウスと露地栽培を合わせ、前年比3・2アール減の約76・6アールで栽培する。6月中旬ごろに出荷のピークを迎え、7月末まで関東、関西、中京にも送り出される。総出荷量は前年比約1・7トン減の約10トンを見込む。

 打木赤皮甘栗かぼちゃは、ねっとりとした食感と強い甘みが特長。同JA打木赤皮甘栗かぼちゃ部会の橋本一吉部会長(69)は「天ぷらにするのが一番おすすめ。煮物やみそ汁に入れてもおいしい」と話した。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ