サイト内
ウェブ

一面に咲き誇るカキツバタ、長岡市大積町の谷内池で見頃 周辺住民が手入れ、景観守る

  • 2024年5月16日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

見頃を迎えたカキツバタ=5月14日、長岡市大積町3【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 新潟県長岡市大積町3の山あいに群生するカキツバタが見頃を迎えている。紫や白の花々が、新緑の山に囲まれた2ヘクタール弱の沼地で咲き誇っている。

 沼地は「谷内(やち)池」と呼ばれ、1970年ごろまでは稲作が行われていた。耕作されなくなった後、カキツバタが沼の中心部に自生して年々数を増やし、沼地全体を覆うほどになった。晴天に恵まれた14日は、カキツバタが咲き誇る中、ウグイスなど野鳥が鳴く声が響き渡り、のどかな雰囲気を醸し出していた。

 見頃は5月いっぱい。長岡市からは国道8号を柏崎市方面に向かい、大積橋手前で左折し約500メートル。小さな案内看板がある。 
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ