サイト内
ウェブ

平和祈り絵筆、大作も 福井県立美術館 新協会員が作品展

  • 2024年3月1日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

大作が並ぶ福井新協展=2月29日、福井県福井市の県立美術館【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 全国公募団体「新協美術会」に所属する福井県内在住者の絵画を集めた第16回福井新協展(福井新聞社後援)が2月29日、福井市の県立美術館で始まった。表現力の際立つ力作36点が並ぶ。3日まで。

 2年に1度開いており、敦賀、福井、大野市の計9人が、100号の油彩画やアクリル画を中心に披露している。

 枯れたヒマワリを20年以上モチーフにしている福井支部事務所代表は、限りある命の尊さを訴える作品「平和を祈る花」を出品した。ウクライナの戦禍に思いを寄せて青と黄色を使い、正面・横向き・花が垂れ下がる様子の表情が異なるヒマワリを描いた。

 同会委員の「曇り時々晴れ」は、絵の具を塗り重ね、自然の静かな雰囲気や水面に光が反射する様子を表現した風景画。キャンバスをゆすり、絵の具の自然な流れを生かした抽象画もある。

 観覧無料。午前9時〜午後5時(最終日は同4時まで)。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ