サイト内
ウェブ

ブーゲンビリアとミモザアカシア見頃 越前市 万葉菊花園

  • 2024年1月15日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

アーチに沿って色づいたブーゲンビリアとミモザアカシア(左手前)=1月12日、福井県越前市余川町の市万葉菊花園【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 福井県越前市の市万葉菊花園のガラス展示室で、ブーゲンビリアとミモザアカシアが見頃を迎えている。鮮やかな紫色と淡い黄色の彩りが温室内で競演し、訪れた人を楽しませている。

 熱帯性の低木のブーゲンビリアは、幅約4メートル、高さ約3メートルのアーチに沿って栽培。色づいているのは包葉と呼ばれる葉の部分で、紫やピンク色が目に映える。包葉の中心部に小さく白い花を咲かせている。ミモザアカシアはオーストラリア原産で、黄色の細かい花がブドウの房のように連なっている。

 室温が最低13度に保たれており、本来春に見られる花が12月下旬〜1月上旬に咲き始めた。1月下旬ごろまで見頃が続くという。

 入場無料。営業時間は午前9時〜午後5時(入園は午後4時まで)。休館は月曜と祝日の翌日。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ