サイト内
ウェブ

「鵜様」捕獲へ籠届く 七尾・小西さん宅

  • 2023年12月8日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

鵜様を運ぶ籠を受け取る小西さん(中央)=七尾市鵜浦町【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 16日に羽咋市の気多大社で営まれる国重要無形民俗文化財「鵜祭(うまつり)」の主役となるウミウ「鵜様」を神社まで運ぶ鵜捕部(うとりべ)が7日、ウミウを捕まえる鵜捕主任の小西寛之さん(61)=七尾市鵜浦町=方に鵜様を運ぶ籠を届け、成功を願った。小西さんは8日から捕獲を始める。

 鵜捕部は鵜浦町の約20軒の住民が交代で務めており、今年は磯野晴夫さん(65)、小森一平さん(43)、岡野克之さん(46)が2泊3日かけて、鵜様が入った籠を気多大社に届ける。

 小西さんは長男達矢さん(36)とともに、鵜浦町の崖で捕獲に挑む。小西さんは「昨年は捕獲できなかったので、今年こそ鵜様を届けたい」と意気込んだ。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ