サイト内
ウェブ

障害者アートをデジタル化 金沢学院大生が制作

  • 2023年12月7日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

デジタル技術で制作した映像を眺める学生=金沢市民芸術村【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 金沢学院大の1〜3年生約40人は、障害福祉サービス「地域支援センターポレポレ」の利用者約20人のアートをデジタル技術で生き物のように動かした映像を制作した。6日、市民芸術村で開かれたお披露目会で投影された。

 学生は芸術学部長の飯田栄治教授からコンピュータグラフィックス(CG)を学び、利用者に取材した後、動物やキャラクターがクレヨンや水彩で表現されたイラスト40点を専用ソフトで編集した。

 会場では来場者がタブレットに描いた絵をレーザー光線で映し出し、写真撮影を楽しめるようにした。

 1年の浅川桃花さん(18)は「絵に込めた思いやメッセージを具現化し、魅力を伝えられてよかった」と話した。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ