サイト内
ウェブ

舞い上がる辰年に  羽咋・能登大社焼窯元 置物作りが最盛期

  • 2023年12月5日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

制作を進める礒見さん=羽咋市寺家町【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 羽咋市寺家町の能登大社焼窯元で、来年の干支(えと)「辰(たつ)」にちなんだ置物作りが最盛期を迎え、2代目窯元で北國新聞文化センター講師の礒見篤介さん(73)が制作に精を出している。

 地元の赤土を使った置物は大小2種類で、大きい方は高さ23センチ、奥行き25センチ、幅8センチ。10月上旬から制作に取り掛かり、ひげや角など竜の力強さを繊細に表現した。来週にも焼き上がる予定で、県内外で順次配送する。

 礒見さんは「竜のように運気が舞い上がる新年になるよう願いを込めた」と話した。約100個をめどに年末まで作業を続ける。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ