サイト内
ウェブ

湖面をバシン!...若狭町の三方湖で「たたき網漁」始まる コイやフナ水揚げ次々

  • 2023年12月4日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

青竹で湖面をたたき、魚を網に追い込む漁師たち=12月3日、福井県若狭町の三方湖【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 福井県若狭町の三方湖で12月3日、江戸時代から続くとされる伝統漁法「たたき網漁」が始まった。寒空の下、漁師が青竹で水面を打ち付け、「バシン」という音が湖に響き、冬の訪れを感じさせた。

 たたき網漁は水温が低下し動きが鈍った魚を驚かせ、刺し網に追い込む漁法。例年12月から翌年3月末まで行われる。

 午前9時ごろ、鳥浜漁協の5隻が出漁。長さ3〜4メートルの竹を勢いよく振り下ろして音や水しぶきを立て、全長約160メートルにわたって仕掛けた網に魚を追い込んでいった。

 初回の漁では体長50センチほどのフナが次々と網にかかり、約70匹取れた。鳥浜漁協の吉田さんは「三方湖で取れた魚はくさみがなく身の締まりが良い。多くの人に味わってほしい」と話した。

 たたき網漁で水揚げされたコイやフナは、町内の料理店で刺し身や煮付けで提供される。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ