サイト内
ウェブ

富山での出会い表現 チェコから来県のガラス作家、ガラス美術館で展覧会

  • 2023年12月3日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

市内滞在中に手がけた作品が並ぶ会場【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 地域外のアーティストを一定期間迎え入れる事業で、11月から富山市に滞在するチェコ在住のガラス作家、ヴェンドゥルカ・プラハロヴァーさんの展覧会が2日、同市ガラス美術館で始まった。富山でのさまざまな出会いから生み出した作品が並ぶ。10日まで。

 同美術館と富山ガラス造形研究所、富山ガラス工房が2010年から行う「アーティスト・イン・レジデンス」の一環。プラハロヴァーさんが神社やフリーマーケットなどで見つけた、母国とは違った形の野菜や、人形作家らと接して着想を得た作品が並ぶ。来場者は地域との関わりが反映された作品にじっくりと見入った。

 プラハロヴァーさんは4日に同市老田小学校で訪問授業、9日には同市西金屋の富山ガラス工房第2工房で公開制作を行う。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ