サイト内
ウェブ

工芸の美 多彩に発信 金沢でフェア、最多213人出展

  • 2023年12月2日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

客室内に展示された作品=金沢市内のホテル【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 工芸の美を発信する「KOGEIアートフェア金沢2023」(北國新聞社後援)は1日、金沢市広岡1丁目のホテル「ハイアットセントリック金沢」で始まった。過去最多213人の作家による意欲的な作品が客室を彩り、来場者に工芸の豊かな魅力を伝えた。

 開催は7回目で、日本、韓国、台湾の40ギャラリーが参加した。繊細な絵柄が表現された赤絵の九谷焼、淡い色合いのガラスが重なり合うオブジェなど、陶芸、ガラス、漆芸、金工といった多彩なジャンルの作品が来場者を引き付けた。

 フェアは3日まで。期間中は、石川県内3会場で国立工芸館が所有する茶道具を使った茶会が開かれるほか、トークイベントが繰り広げられる。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ