サイト内
ウェブ

独自の感性光る意欲作482点 富山県民会館で美術連合展

  • 2023年11月26日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

高畑信雄県洋画連盟委員長(左)の解説を聞きながら会場を回る来場者ら=県民会館美術館【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 富山県美術連合会(阿波加蒼岳会長)の所属作家による「第72回県芸術祭 美術連合展」が25日、県民会館で開幕した。会員それぞれの感性が光る日本画、洋画、彫刻、工芸、書、写真の意欲作482点を並べ、活動の成果を紹介している。28日まで。

 美術連合展は会員が分野の枠を超えて切磋琢磨(せっさたくま)する場として、毎年秋に開催。若手からベテランまで幅広い年代の作家が新作や近作を1点ずつ発表した。

 日本画と洋画は、風景や静物、人物などを題材にした力作がそろう。人体の造形の美しさを捉えた彫刻や、素材を生かし熟練の技を駆使した工芸、墨に思いを託した書、独自の視点が光る写真など、各分野ごとに見応えのある作品が並んでいる。素材の質感を感じてもらうため、一部の彫刻作品は直接触れることもできる。

 今年亡くなった鋳金の重要無形文化財保持者(人間国宝)大澤光民さん(高岡市)や彫刻家の横山豊介さん(南砺市)ら物故会員6人の作品も展示した。

 開会式後、県美術連合会を構成する6団体の委員長による作品解説もあった。

 入場無料。26日午前10時から、出品作家が自作を語るギャラリートークがある。県と県芸術文化協会、県美術連合会主催、北日本新聞社後援。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ