サイト内
ウェブ

チューリップフェア開催に一役 富山県砺波市の会場花壇に高校生が球根植え付け

  • 2023年11月21日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

花壇に植え付けたチューリップ球根にくわで土をかぶせる生徒【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 富山県の小矢部園芸高校園芸科1年生17人が20日、砺波市の砺波チューリップ公園の花壇に、来年春のチューリップフェアに向けてチューリップ球根を植えた。

 地域の園芸・農業に関わりを深めるとともに、地域貢献の一環として同フェア開催に一役買おうと、今年初めて計画した。

 園内のチューリップステージ近くの花壇2カ所にハッピーピープル、ワシントンなど2色咲きの品種を中心に5品種の球根計2500個を植え付けた。

 生徒たちは花壇の土に球根を一つずつ丁寧に並べ、くわを使って土をかぶせた。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ