サイト内
ウェブ

勝山市の魅力凝縮12種類 勝山中部中3年がパンフレット作成

  • 2023年11月15日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

勝山市をPRするパンフレットを配布する勝山中部中の生徒ら=11月14日、福井県勝山市の県立恐竜博物館【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 福井県勝山市の勝山中部中の3年生が、同市の観光地やお薦めグルメなどをイラストや写真などで紹介するパンフレット12種類を作った。生徒は11月14日、同市の県立恐竜博物館と道の駅「恐竜渓谷かつやま」で観光客らに手渡し、勝山の魅力を売り込んだ。

 同校3年生62人は、観光や地域産業を生かして交流人口を増やす方策を考える探究活動に取り組んでいる。その中で、恐竜や豊かな自然など市の魅力を県内外に広めようとパンフレット作りを企画した。

 5月に第1弾を作り修学旅行で訪れた東京・上野公園で配布。レイアウト修正や地元ならではの観光情報を求める声などを受け、内容を一部刷新した。

 同館では生徒37人が5人1組のグループごとに作った計8種類を観光客に「ぜひまた来てください」などと声を掛けながら手渡した。家族4人で訪れた40代女性は、道の駅の食事や市内の飲食店の情報が満載のパンフレットを受け取り「地元の中学生が薦めるなら、ぜひ行ってみたい」と興味深げだった。

 同館やスキージャム勝山、白山平泉寺などを紹介するパンフレットを作った生徒は「見た人が『勝山に行ってみたい』と思ってもらえたらうれしい」と話した。生徒たちは12月8日に、福井市のJR福井駅や県国際交流会館でも配布する予定。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ