サイト内
ウェブ

秋彩る200種2万本 南砺で菊まつり開幕

  • 2023年11月4日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

色とりどりの菊が並ぶ会場。右奥は小菊などで装飾した五重の塔=南砺市園芸植物園【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 北陸の秋を彩る祭典「南砺菊まつり」が3日、富山県南砺市園芸植物園(同市柴田屋・福野)で開幕した。北陸菊花、南砺菊花両大会の出品作をはじめ約200種2万本の色鮮やかな菊が、訪れた人の目を楽しませている。12日まで。

 夏の猛暑の影響で開花が2週間ほど遅れているが、期間中には見頃を迎えるという。ボリュームのある厚物(あつもの)や線香花火のような形が特徴の管物(くだもの)など、多彩な菊が白や赤、ピンク、黄色の花を咲かせた。小菊などを組み合わせた五重の塔、ツリータワーといった造形菊や、カラフルな総合花壇も目を引いている。地元の福野小学校3年生が育てたスプレーギクも並ぶ。

 菊まつりは南砺市菊花協会などでつくる実行委員会(鍛冶直弘委員長)が毎年開催している。北陸菊花、南砺菊花両大会は北日本新聞社共催。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ