サイト内
ウェブ

地酒選び AIが手助け 道の駅万葉の里高岡に導入

  • 2022年12月9日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

日本酒AIソムリエの使い方を説明する小荷田代表【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 AI(人工知能)が好みに合った富山の地酒を薦めてくれる「日本酒AIソムリエ」が8日、高岡市の「道の駅万葉の里高岡」に初めて導入された。開発したのは、富山市のITサービス会社「テックネスト」の小荷田(こにた)直也代表(39)で、「地酒をより気軽に手に取ってもらうお手伝いができればうれしい」と話している。

 このサービスは、道の駅の来店客が酒販コーナーに設置されたタブレット端末に表示される問いかけに応じ、年代や性別、味や香りの好みなどを答えていくと、店に並ぶ約40銘柄の中から、AIが3銘柄を薦めた上で、それらに合う富山の特産品も紹介する。

 昨年東京から移住してきた小荷田代表が、富山のスーパーに並ぶ地酒の種類の豊富さに驚き、どれを選べばよいか迷ったのをきっかけに開発。地酒の特徴や相性の良い名産品などについて、なかやす酒販(高岡市)からアドバイスを受けた。

 道の駅の大指栄一駅長は「地酒と名物の販売が伸びるのではないか」と期待する。小荷田代表は「今後、スーパーや他の土産物店にも導入を広げていきたい」としている。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ