サイト内
ウェブ

箱も中身も全部「フジロック」産、間伐材ティッシュ登場

  • 2022年12月6日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

フジロックフェスティバル会場周辺の森林をプリントしたボックスティッシュ【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 新潟県湯沢町で毎年開催される国内最大級の野外音楽イベント「フジロックフェスティバル」会場周辺の森林の間伐材で作ったティッシュペーパーができた。15日から湯沢町のふるさと納税の返礼品に追加され、町の活性化を促す。

 新潟県や湯沢町、地元住民などで構成される「フジロックの森プロジェクト実行委員会」が企画。中越パルプ工業(東京都)が会場周辺にある森林から出た間伐材を使って、ティッシュペーパーを製造した。

 ティッシュの容器には会場周辺にある森林の写真がプリントされ、緑を強調した爽やかなデザインとなっている。

 ふるさと納税は、ボックスティッシュ30個入りで1万5千円、60個入りで2万9千円。「ふるさとチョイス」のウェブサイトから。問い合わせは実行委員会、03(6427)1085。

 購入も可能で、30個入り4500円、60個入り8700円。フジロックの森ホームページなどから。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ