サイト内
ウェブ

新生恐竜博に期待高め 長期休館前最後の開館「感謝祭」

  • 2022年12月5日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

横断幕を掲げ、来館者を見送る職員=12月4日、福井県勝山市の県立恐竜博物館【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 大規模リニューアルに伴い、12月5日から長期休館する福井県立恐竜博物館(勝山市)は現施設で最後の開館日となった4日、多くの来館者でにぎわった。「お客さま感謝祭」と銘打ったさまざまなイベントや職員らの見送りもあり、訪れた家族連れは来年夏の再開に期待を高めた。

 これまでの来館者への感謝と、本年度の来館者60万人突破を記念し、竹内利寿館長と子どもたちでくす玉を割った。常設展示室には研究員が待機し、「恐竜はなぜ絶滅したの」などの質問に丁寧に答えていた。小学生以下の子どもにはオリジナルシールをプレゼント。一足早いクリスマスコンサートも行い「例年のこの時期の倍以上」(同博物館)という約4300人の来館者をもてなした。

 閉館が迫る午後4時半からは竹内館長ら職員約30人が正面玄関前に並び、「来年の夏、またお会いしましょう」と書かれた横断幕を掲げて、来館者を見送った。県公式恐竜キャラクター「ジュラチック」も駆け付け、家族連れを最後まで楽しませた。

 越前市から訪れた兄弟は「動く恐竜のロボットが好き。もっと恐竜が増えるといいな」とリニューアルを心待ちにしている様子だった。

 同博物館の増改築を伴う大規模リニューアルは初めて。竹内館長は「半年以上の休館に一抹の寂しさを感じる一方、リニューアルに向けて緊張感も高まっている。大きく生まれ変わるので、ぜひ期待してもらいたい」と話した。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ