サイト内
ウェブ

白銀ゲレンデ安全願う ジャム勝山スキー場開き

  • 2022年12月5日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

雪で真っ白になったゲレンデ前で、神事などが営まれたスキー場開き=12月2日、福井県勝山市のスキージャム勝山【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 福井県内は12月2日、冬型の気圧配置や寒気の影響を受け、最低気温が南越前町今庄1.8度、勝山市2.0度など、10観測地点のうち8地点で今季一番の冷え込みとなった。奥越の山間部を中心に雪が降り、同市のスキージャム勝山では、銀世界となったゲレンデを前にスキー場開きが行われた。今季は17日の営業開始を予定している。

 ゲレンデふもとのリゾートセンターで安全祈願の神事が営まれ、関係者約90人がシーズン中の利用客の安全と安定した降雪などを祈願した。地元の神明神社の神職がゲレンデに向かっておはらいをし、出席者が玉串をささげた。

 ゲレンデの雪は1日夜から2日朝にかけて積もったといい、同スキー場の担当者は「幸先がいい。オープンまでしっかりと準備を進め、たくさんの人たちを迎えたい」としている。

 今季は、最上部ゲレンデ「イリュージョンサイト」のレストランをリニューアルし3年ぶりに営業するなど、おもてなしを強化。約18万3千人の入り込みを目標にしている。

 冬型の気圧配置は次第に緩み、3日の県内は日中は晴れる見込み。最低気温は福井市4度、大野市1度、敦賀市5度の予想。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ