サイト内
ウェブ

茶筅(ちゃせん)を火にくべ供養 加賀屋グループ

  • 2022年12月5日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

茶筅を火にくべる関係者=七尾市和倉温泉【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 七尾市の加賀屋グループは4日、同市和倉温泉の加賀屋別邸松乃碧(まつのみどり)で茶筅(ちゃせん)供養を営み、茶道家や旅館従業員10人が使い込んだ約150本をかがり火で燃やし、手を合わせた。

 曹洞宗青林寺(同市和倉町)の濱田晃瑞(こうずい)住職が読経し、参列者は持ち寄った茶筅を火にくべた。庭園に移設、保存されている加賀藩最後の藩主前田慶寧(よしやす)の四女慰(やす)姫が愛用したとされる茶室「得寮庵(とくりょうあん)」で茶会が開かれた。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ