サイト内
ウェブ

氷見高生「打ち豆カレー」考案 食感良くスパイシー

  • 2022年11月26日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

考案したキーマカレーを紹介する奥山さん(左)と仲代表【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 氷見高校農業科学科3年の3人が、氷見市の郷土食に使われる「打ち豆」や市内の耕作放棄地で育った放牧豚を使ったオリジナルカレー「氷見高発!打ち豆とほうれん草のスパイシーキーマカレー」を考案した。29日から同市と富山市のカレー店で期間限定販売する。

 奥山海斗さん、城戸健聖さん、佐藤サラさんの3人が考えた。打ち豆は大豆をつぶし乾燥させたもので、氷見の郷土食によく使われており、おいしさをアピールしたいとカレーに取り入れた。

 カレー店「ひみつカレー」の仲有紀代表からのアドバイスで、豆とホウレンソウのインドカレー「ダルパラク」を参考にした。ぶーぶーファーム(氷見市上田子)から提供を受けた放牧豚のひき肉を使い、みそを隠し味にしたレシピを作った。

 24日に氷見高で試食会があり、林正之市長や協力した関係者が味わった。「打ち豆とひき肉の食感がよく、スパイシーでおいしい」と好評で、奥山さんは「多くの人に食べてもらい、打ち豆の魅力を知ってもらいたい」と喜んだ。

 ひみつカレーの氷見店(氷見市朝日丘)と古沢店(富山市古沢)で、12月11日まで650円で販売する。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ