サイト内
ウェブ

紅葉と青空のコントラスト 湖上で味わう奥只見の秋景色

  • 2022年10月28日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

紅葉が見頃を迎えた奥只見湖。遊覧船からの景色を楽しめる=10月27日【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 新潟県魚沼市と福島県にまたがる秘境、奥只見湖で紅葉が見頃を迎えている。湖を取り囲むブナやナラ、カエデなどが色づき、晴天に恵まれた27日は県内外の多くの観光客が遊覧船に乗り込んで、パノラマの絶景を湖上から満喫した。

 奥只見湖は水力発電用のダム建設で生まれ、標高は約750メートル。遊覧船はダムそばの奥只見乗船場を発着する30分の周遊コースと、銀山平乗船場と奥只見乗船場を40分で結ぶコースがある。

 この日は最初の便から多くの人が乗船。紅葉の山々と青空、輝く湖面のコントラストを写真に収めていた。兵庫県伊丹市から夫婦で訪れた男性(72)は「奥の山までとてもきれいだった。初めてだが、来て良かった」と満足そうに話した。

 遊覧船を運航する奥只見観光によると、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ乗船客数は徐々に回復し、今季はウイルス禍前の半分程度になる見込み。

 見頃は11月上旬まで。遊覧船は周遊コースが8日まで、銀山平コースが6日まで。問い合わせは025(795)2242。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ