サイト内
ウェブ

絵画や彫刻、多彩な40点並ぶ 福野美術協会展

  • 2022年10月21日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

多彩な作品が並ぶ展示会=ギャラリー市の里1号館【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
 福野美術協会の作品展「第8回刻(とき)−Ⅱ展」が20日、南砺市福野のギャラリー市の里1号館で始まり、絵画や彫刻など多彩な40点を紹介している。25日まで。

 彫刻の片山雅子さん、洋画の宮本知香子さん、書の島田松華さん、日本画の山口シズエさんの4人が10点ずつ出品した。

 島田さんは墨画を出品し、富士山や砺波市庄川地域の桜を描いた。片山さんは人物をモデルに彫り、骨格や筋肉を丁寧に表現した。北日本新聞社共催。

【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ