サイト内
ウェブ

オススメは鯛だしラーメン...海の幸も土産もそろう「UMIKARA」 高浜町のシーフードマーケット体験【ふくジェンヌ】

  • 2022年10月22日
  • 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

UMIKARAのランチ=福井県高浜町塩土【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】
高浜の海から、魚の魅力を発信―。魚と旅するマーケット『UMIKARA(うみから)』さん(@umikara_takahama)をご紹介します。

昨年7月、福井県高浜町にオープンした『UMIKARA』は、採れたての新鮮な魚介が手に入る「フードマーケット」と、地元の特産品を揃えた「セレクトショップ」、そして魚料理が味わえる「うみから食堂」を備えた複合型マーケットです。

衰退傾向にあった高浜町の漁業を活気付けようと、漁業再生プロジェクトの第一歩として動き出したのが、この『UMIKARA』。生産から加工、販売までを手掛けることで、そこに携わる多くの人々に漁業再生の輪が広がり、海から地元・高浜町を盛り上げようと日々奮闘されています。

また、未利用魚のすり身を「うみから食堂」の鯛だしラーメンの出汁に使うなどSDGsもしっかり取り組まれています。店内の大きな水槽は迫力があり、高浜ならではの「マハタ」や「カワハギ」が見られます。
地元の方でも観光の方でも、高浜の海を存分に味わえる、そんな空間になっています。

そして『UMIKARA』は、まだまだ進化途中。来期以降には競り(せり)を間近で楽しめる市場やBBQ施設が新設される予定。ワクワクでいっぱいです。

【フードマーケット】
水槽の中に採れたての魚介類が並んでいて、若狭湾で獲れる珍しい魚もいるそうです。その場で刺身や切り身に加工してくれます。贅沢ですね。他にも、オリジナルのクラフトビール(杜仲茶・トマト)や野菜、日用品、調味料などスーパーとしてもご利用いただけます。

【セレクトショップ】
「くしもん」や「おかずもん」、漬け丼の素など、地場産の商品がずらりとならんでいます。
「くしもん」「おかずもん」は骨がなく、焼くだけで手軽に食べることができるので、魚が苦手な人やお子さまでも食べやすく、BBQにもおすすめです。ここに行けば、地元の特産品が手に入るかも。

【うみから食堂】
高浜の美しい海を見ながら、新鮮な魚料理を楽しめます。漬け丼シリーズ「マハタの漬け丼」は、「福いいね!totooneグランプリ」を受賞しており、身がプリプリですごく美味しかったです。「鯛だしラーメン」は、お店の方のオススメで、出汁の効いたスープが絶品。「フィッシュ&チップス」は、スパイシーな衣と中の魚がすごくジューシーでやみつきになりました。ワークスペースや小上がり席もあり、お一人さまからお子さま連れの方も安心して過ごせる、みんなの食堂となっています。

【うみからテラス】
「若狭富士」と呼ばれる青葉山と高浜の海を眺めながら、軽食を楽しめます。夏の夜は、ビアガーデンも開催されるそうなので、来年の夏はここで熱い夏を過ごしましょう。(今季のビアガーデンは、営業終了しました)

『UMIKARA』には、海と魚と高浜町の魅力がぎっしりと詰まっています。家族や友人、大切な方と是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

◆営業時間◆
「マーケット」「セレクトショップ」
9:00-19:30

「うみから食堂」
平日 :10:00-15:30(L.O.15:00)
土日祝:10:00-15:30(L.O.15:00)
お食事メニュー提供は15:00まで
金土のみ:(夜)18:00-22:00(L.O.21:30)

「うみからテラス(屋上)」
テラス 11:00-15:00
*4〜10月の土日祝のみ
BBQ 18:00-21:30(L.O.21:00)
*7、8月の金・土のみ

※時期や天候によって営業時間が異なります。くわしくはホームページをご覧ください

◆駐車場◆
無料駐車場:約123台

◆コロナ対策◆
アルコール消毒
アクリル板

◆基本情報◆
所在地:福井県大飯郡高浜町塩土5-1
電話:0770-72-3528
Instagram:umikara_takahama
HP: https://umikara.co.jp/

  ×  ×  ×

 福井銀行の女性行員でつくる「ふくジェンヌ」が福井県内の観光スポットやご当地グルメを紹介します。(インスタグラムでも情報配信中 @fukusienne)
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright© 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ